データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > SSD

SSD Archive

TeraStationの修理をすると・・・

TeraStationが壊れてしまった場合、バッファローのサポートで修理を行うことができます。

ただ、バッファローは
「TeraStationとしての機能を再び使用できるようにする」修理を行っているため、
場合によっては保存データが全て消えてしまいます。

よくお問い合わせで「修理を依頼したら、保存データ全部消えるって言われたんですよー」とお聞きしますが、
恐らく説明書や保証書等に「保存データは保証しない」と記載があると思います。

お客様の中には、TeraStationの機能も大事だけど、
それ以上に中に保存されているデータが大切だという方がいらっしゃると思います。

TeraStationのデータ復旧は中々素人では難しいものがございますので、
データを取り戻したい場合は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

TeraStationというよりも、TeraStationで使用できるRAID機能が
複雑なシステムで動いているため、
無闇に触ると完全に復旧不可になってしまうことがございます。

ある程度の状態の悪化であればデータを取り出すこともできるかもしれませんが、
データを取り出せなくなる可能性の方が高いような気もします。

障害発生直後であれば、比較的容易に全データを取り出せることが多いため、
障害が発生したらなるべく手を加えずにご依頼ください。

データ復旧で一番気になるのは、復旧費用だと思います。
あるお客様は
「データ復旧費用が会社によって差がありすぎて、
 何が正しいのかわからなくなった」
と仰っていました。

確かに、そう思うことはございます。

弊社はTeraStationのRAID5で、論理障害であれば
157,500円の固定金額で対応しております。

15万円は確かに高いと思いますが、お客様からお聞きした情報では、
弊社で15万円で復旧できたRAID5が他社では5倍以上の費用を見積もられたとのことです。

弊社としては、データを復旧させるために必要な作業にかかる工数等を考えて、RAID5は157500円と設定しています。

費用の算定は各会社によって算定方法が異なりますので
他社がどのように費用を算定しているかはわかりませんが、
弊社ではRAID5は157,500円です。

また、診断は無料、診断結果が出た後のキャンセルも無料となっておりますので、
残念な結果になってしまってもご返却の送料のみのご負担となります。

次に気になることは、復旧にかかる期間だと思われます。
診断の期間に3日~1週間といつも説明していますが、
HDDの状態と全体の容量、実際に使用している容量によって期間は大きく変わります。

過去の事例を思い出すと、
300GBのデータを2日でお渡ししたこともあれば、
100GBのデータをお渡しするのに9日かかったこともございます。

そのため、一概に「○日でできます!!」というのは中々難しいですが、
ご希望データの詳細をお伝え頂ければそのデータのみを先に復旧しお渡しすることも可能です。

過去に、午前中にお持ち込み頂き、希望データだけを最初に復旧し、夕方に復旧データを焼いたDVDをお渡ししたこともございます

ケースバイケースで説明が難しい所もございますが、
TeraStation RAID5等でデータ復旧をお探しの方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




停電からデータを守るために

3月の地震の影響で計画停電が実施された時、
停電の影響でPC、HDD、NAS等が壊れてしまったという問い合わせが多数寄せられました。

また、地震発生前から停電による障害の問い合わせは頻繁にございます。

複雑なシステムで動いているHDDの電源供給を突然カットした場合、
システムに異常が発生し壊れてしまう可能性が非常に高いです。

そうなると、データ復旧を依頼するしかデータを取り戻す方法はなくなってしまいます。
(メーカーは部品を交換して終わりです)

では、停電が起きても大切なデータを失わないで済む方法はないのでしょうか。
それは、日ごろから備えることにはなりますが、確実にございます。

以下に対策の例を挙げますので、参考にして頂ければ幸いです。

1.UPS(無停電電源装置)を使用する
UPSは、突然停電が起こっても数分の間電力を供給できる装置です。
数分なので時間的な猶予はほとんどありませんが、
数分あれば今使用しているデータを保存し、PCやNASを正常にシャットダウンすることも可能です。

ただ、会社が休みの日の停電の場合あまり意味がないため、
UPSだけで停電の対策とは中々言い難いかもしれません。

2.ノートPCを利用する
ノートPCはバッテリーを積んでいるため、
コンセントから電源が供給されない時でも正常に動かすことができます。

そのため、ノートPCで作業をしている人は、停電によるハード的な故障は中々起きないと思われます。

しかし、バッテリーをつけたまま(フル充電のまま)ノートPCをコンセントにさして使用していると
バッテリーの容量が経時で減少してしまいます。
容量減少を嫌う人は、コンセントがある場所ではバッテリーを外して使用するかもしれませんし、
逆にずっとバッテリーを接続したままの人は、
バッテリーがバッテリーの仕事を果たせない状態になっている可能性があります。

そのような場合、停電が起きると電源供給がいきなりカットされるため、大問題です。
バッテリーつけっぱなしではダメ、かといってつけていないと停電が怖いという状態ですので、
中々最適な運用は難しいです。

3.バックアップをこまめにとる
データ管理の全てに通じるものですが、バックアップをこまめに、複数とっておけば、
何も怖いものはありません。

また、RAID1やRAID5等の高信頼性を特徴としたモードで使用ができる、
複数台のHDDからなるNASが販売されていますが、
それらを過信せず、NAS自体のバックアップもとるようにするとより効果的です。

4.作成中のファイルはこまめに保存する
PCでファイルを作成中に電源が落ちると、作成中のファイルは高い確率で壊れます。
officeソフトでは一時保存ファイルにより、途中までは復元できるかもしれませんが、
それもあまり当てにできません。

上書き保存・別名保存をこまめに行うことにより、データが生き残る可能性はわずかながら高くなります。

5.電源をつけっぱなしにしない
PCやNASを起動させたまま帰宅されるかたもいらっしゃると思いますが、
長時間使わない時は、極力電源をOFFにしましょう。
節電にもつながりますが、突発的な停電でシステム異常が発生することはなくなると思います。

日本は他国に比べ、突発的な停電は落雷ぐらいでしか発生しませんが、
そのためか停電に対する予防がほどんどされていない企業様も存在します。
大切なデータが一瞬で消失する可能性がありますので、
停電にはご注意ください。




フリーソフトでのデータ復旧の注意

数年前までデータ復旧費用は論理障害でも数十万円の価格でした。

しかし、技術はまさしく日進月歩であり、
現在では弊社のような低価格、しかも高復旧率のデータ復旧をご提供できるにまでなりました。

また、最近ではフリーソフトの進歩も著しく、ネット上の噂では、
「有料ソフトより復旧率が高い!!」という話も聞きます。
(本当かどうかはわかりませんが・・・)

フリーソフトが広まることで、データ復旧に挑戦する敷居が低くなってきましたが、
それに伴って増えているのが、使用方法の間違いによる障害悪化です。

以前あった問い合わせで、
「データを大量に削除してしまったので、HDDにデータ復旧ソフトを入れて、同じフォルダに復旧データを保存しながら操作した」
というお客様がいらっしゃいました。

削除データは上書きすると復旧できなくなる、という知識を持ち合わせていなかったためか、
そのような非常にマズイ操作をされる方もいらっしゃいます。

そのお客様のHDDを診断しましたが、自分で復旧したデータで大部分が上書きされてしまっており、
残りの必要なデータを取り出すことはできませんでした。

確かにデータ復旧は手軽になりましたが、
それを使用するにあたって、前提となる知識がなければ
誤操作により致命的なダメージを与えてしまう恐れがあります。
フリーソフトの使用は自己責任ですので、
何が起こっても泣き寝入りするしかありません。

そのため、データ復旧フリーソフトの使用は十分にご注意ください。

また、弊社に来た依頼でよく
「フリーソフトではダメでした」と記載されているものがございます。
フリーソフトを動かすことによって状態が悪化していなければ良いのですが、
残念なことに依頼書記載の障害発生時の状況と、弊社で確認した状況が異なることがよくあります。

そのようなものでも、復旧できることは沢山ありますが、
中にはプラッタに傷が入ってしまい、完全に復旧不可になってしまったものもございました。

何事も「自分でやろう」と思うことは大切だとは思いますが、
知識のない方が触ることで状況が悪化するのは何事でもありえます。
本当に大切なデータがあり、それを復旧させたいのであれば、
フリーソフト等は使用せずにデータ復旧業者へご依頼ください。




データが消える原因は? その4 ウイルスにかかった??

データが消える原因にも様々なものがあると紹介をしていますが、
勿論ウイルスによるものもあります。

ウイルスの脅威はみなさんよくご存じだと思いますので、
ウイルス対策ソフトを使用している方は近年非常に増えていると思います。
また、最近のウイルスソフトは市販・無料含めて高性能なものが多いことや、
変な所へいかない限り、あまりウイルスに感染することがないため、
ウイルスの影響を忘れている方までいらっしゃると思います。

ただ、問い合わせで「ウイルスにかかったみたいで・・・」や、
弊社で復旧作業中にウイルスを検出することが結構な頻度であります。

ウイルスに感染すると、最悪な場合PC買い替えレベルにまでなってしまうらしいので、ウイルスには十分ご注意ください。

~データが消える原因~
【ウイルスに感染した!】
ウイルスは色んな種類があるため、
データを単純に削除してしまうものや、違うファイルに置き換えるもの、
新しいファイルを作るもの、システムに障害を発生させるもの等、
様々なものがございます。

どのようなウイルスが、どのような動作をしているのかを全て把握しているわけではないので、
問い合わせで「ウイルスに感染した」だけではデータを復旧できるかどうかはわかりません。

ただ、イカ○コウイルスのような、保存してあるファイルを別のファイルに書き換えてしまうようなウイルスの場合、
データを復旧できる可能性は極端に低くなります。
上書きされたデータを復旧する術はございませんので、
バックアップをとっていない限り、上書きされたファイルは諦めるしかありません。

ウイルスにかかった後のことを考えるより、
ウイルスにかからないようにすることに尽力した方が
有意義だと思いますので、
ウイルス対策ソフトの導入や、変なサイトに飛ばないようにすることを心がけてください。

データが消える原因は? その3 何故かデータがない・・・

お問い合わせの電話の中で、
「何もしてないのにデータが消えた」
「保存してあるはずなの、データがない」
という内容を聞くことがございます。

確かに、保存してあるはずのデータがいきなり見えなくなっている、
消えていたらびっくりしますよね。

これにもちゃんとした理由があります。

~データが消える原因~
【何故かデータがない・・・】

先日の説明の中で、データ保存は本のように【目次】と【内容】にわかれている、と説明しました。

何らかの障害によってこの目次の部分が壊れてしまうと、
タイトルのような「何故かデータがない」という状態になります。

もちろん、目次が壊れているだけですので、実際のファイルの中身は無事であることが多いです。

ただ、目次の壊れ具合によっては、ファイル名やフォルダ情報が破損した状態で
データが検出されてしまう、所謂拡張子別の検出になってしまいます。

あくまで経験上ではございますが、
HDDよりも、SDカード等のフラッシュメモリタイプの記録媒体に
このような障害が多い気がします。
(統計をとったわけではないので、信頼性は全くないです・・・)

また、HDDよりもフラッシュメモリタイプの記録媒体の方が、
データを綺麗に復旧できる確率が低いかな?と思います。

これは、HDDとフラッシュメモリのデータ記録方法の違いに
原因があるのかな?と思っていますが、
症状やその度合いによってデータ復旧結果は大きく変化するので、
一概に○○が良い!!とは言い切れないのかもしれません。

保存しているデータの【目次】が壊れると、中に保存されているデータが見えなくなるのは先ほど説明しましたが、
この【目次】を壊さないようにするのは難しいかもしれません。

中々壊れるものではないと思いますが、
精密機器ですので小さなエラーの積み重なりや
思いもよらない理由で壊れることはございます。

壊れてしまうと、やはりデータ復旧が必要になり、お金が必要となりますよね。
データ復旧に払う金額より、外付けHDDを1台買った方が安上がりだと思いますので、
念入りなバックアップとしてもう1台外付けHDDを購入されることをお勧めします。

他社・PCショップの診断で、復旧不可と言われたHDDについて

よくあるお問い合わせで、

「実は他社で一度診断をしてもらって、復旧不可と言われたんです」
「PCショップに持っていったら、重度物理障害と言われたんです」

という内容のものがよくございます。

他社やPCショップがどのような診断を行っているのかがわからないため、
他社では復旧不可・重度物理障害だと判断されたものでも、
弊社では復旧可能、重度ではない物理障害だったことがよくあります。
もしかすると、その逆もあるかもしれません。

しかし、本当に重度な物理障害である時もあるため、
やはり実物を見てみなければ何とも言えない部分が多いです。

また、弊社ではまずありえませんが、
“時間がかかるからとりあえず重度物理障害ということにしてキャンセルしてもらおう”
“よくわからないから復旧不可でいいや”
ということをしている会社もあるかもしれません。(あってほしくないですが・・・)

他社やPCショップで一度診断されたものでも、
HDD自体を解体されていないのであれば、弊社で診断を行い、
診断結果をお伝えします。
診断はもちろん無料です。

診断の結果、弊社で対応できるものであればHP記載の通りの価格での対応となりますし、
本当に重度物理障害であれば、提携先のご案内を行います。

弊社からお客様にデータを渡さない限り費用は発生しませんので、
他社やPCショップ等で診断されたものでもお気軽にご依頼ください。




認識されないLANDISK Tera(ランディスクテラ)

LANDISK Tera(ランディスクテラ)は職場でよく使われている、
HDDが4台搭載された、各種RAIDを使用できる比較的大規模なストレージです。

ネットワーク対応のため、一つのグループや部署等で、データを共有するために使用している方が多いように感じます。

しかし、機械ですので、停電や誤動作、電源のONOFF等により障害が発生してしまうことがあります。

大抵はマニュアルに記載のトラブルシューティングや、
メーカーサポートで、中のデータはそのままで機能を復旧させることができると思いますが、
中にはHDDをフォーマットしなければ機能を復旧できないこともございます。

LANDISKとしての機能よりも、中に保存されているデータの方が大切ですか?

大切であれば、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

過去の実績から、高復旧率・高成功率を誇っています。
また、物理障害と論理障害で費用が違いますが、
大抵のものは論理障害対応の157,500円で対応可能です。

物理障害だと思われても、論理的な部分で障害が発生し、
その結果HDDの振る舞いが物理的な障害を持っているような
動作をしてしまうことがございます。

業者によっては、そのような場合は物理障害対応の費用=高額な請求を行う所もあるかもしれませんが、
弊社ではそのような対応は一切しておりません。

診断は無料、キャンセルも無料、
お客様に復旧データを渡すのであれば費用発生、
渡さないのであれば費用発生なし、
と、非常にわかりやすい仕組みになっております。

診断・復旧にかかる時間は、データの容量や障害内容によってまちまちですが、
(1TBのデータを1時間で他のHDDに移すことは不可能ですよね?)
大抵のものは1~2日で診断結果をご報告しています。

また、「今日中に●●のデータが欲しい!」とい超特急な対応も、
追加料金なしで可能です。
もちろんご希望データの容量次第ですが、
2時間で希望データをお渡ししたこともございます。
もちろん費用は157,500円で、追加の費用はございません。

LANDISK Teraが何かの拍子で故障してしまい、
データ復旧を検討のお客様は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

RAID01使用TeraStation(テラステーション)のデータ復旧を低価格で

HDDを4台搭載できるTeraStationやLANDISKを使用している所では、
RAID5で使用している方が多いように感じます。

しかしながら、RAID01(またはRAID10)に設定することもできるため、
RAID5ではなくRAID01で使用している方もいらっしゃいます。

昨日、RAID01で使用されているTeraStationのデータ復旧依頼を受けました。
RAIDの再構築を難なく終わりましたが、
データ検出時にいくつか破損したデータを確認しました。

破損したデータの詳細を確認すると、
ディレクトリ情報ではその場所にそのファイルがあることになっているのに、該当セクタには不明なデータが存在しているという情報を得ました。

RAID01はRAID0のHDDをミラーリング(RAID1)しているため、
もう片方のRAID0HDDでも同様のエラーを検出しました。

エラーにより壊れていたファイルは幸いなことに
必要のない設定ファイルだったため、お客様の希望するデータは
全てお渡しすることができましたが、
検出エラーが発生すると非常にヒヤヒヤします。

最終的にお渡ししたデータは800GB程度と、かなりの容量をお渡ししましたが、
弊社は定額でRAIDのデータ復旧を行っているため、
データ復旧費用:157,500円
上記のみのご請求となりました。

容量・作業時間問わず、弊社で対応できるものであれば
157,500円の定額での対応となるため、
他社に高額な請求をされたRAID01やRAID5、
その他のLinkStationやLANDISKのデータ復旧をお探しの方は、
是非とも弊社にご依頼ください。

NTFS形式のデータ復旧

NTFSというファイルシステムは、主にWindowsで使用されるものです。

WindowsのPCで、マイコンピューターからHDDを右クリックし、プロパティをクリックして頂ければ、ファイルシステムがNTFSになっていることがわかると思われます。

NTFSとは一体何か、という難しい説明は、色々なページで紹介されているため割愛させて頂きます。

弊社はデータ復旧業者なので、NTFSのファイルシステムからデータ復旧できるか、
という点に関してお話致します。

が、技術的な所は弊社独自の解析アルゴリズム等がございますので、
公表ができません。。。

弊社に来るHDDデータ復旧依頼は、6割程度がNTFSのファイルシステムであるため、NTFSの解析技術には自信があります。

ただ、全てが同じような論理障害が発生するわけではないので、
どのような状況でも完璧に対応できているわけではなく、もちろん中には
復旧できない事例もございます。

ただ、他社で拡張子別でしかデータを検出できなかったHDDから、
フォルダ情報やファイル名等も含めて検出したり、
他社で全くデータを出すことができなかったHDDから簡単にデータを出したりと、
他に引けを取らない技術は有しております。

データ復旧費用は、弊社で対応できるものであれば、上限42,000円以内でのご請求となります。
具体的な費用は診断を行わなければ算出できません。

診断は無料、キャンセルも無料となっておりますので、
NTFSファイルシステムのデータ復旧でお困りのお客様は是非とも弊社にご依頼ください。




SSD搭載ノートPCのデータ復旧 -OSが起動しない-

近年、SSD(厳密にはFlash SSD)の大容量化・低価格化に伴い、
SSDが搭載されたノートPCが販売されるようになりました。

HDDに比べアクセス速度が高速であり、耐衝撃性も高いため、モバイルノートPCにとって
理想的なドライブだと思われます。

そのように魅力的なSSDですが、データ記録部品であるため、
もちろん何かしらの障害が発生することがございます。

障害が発生する原因はネットで検索すれば大量に出てきますが、
障害が発生した後、どのようにすればいいかは中々見つかりません。

SSD搭載ノートPCで、OS(Windows)が起動しないような場合、
蓄積電荷量のエラーによりシステムファイルが壊れてしまっていたり、
セルそのものが死んでしまっていたりと、色々な原因が考えられますが、
そのような事態になると、OSの再インストール等の処置が必要となります。
(場合によってはSSDを交換しなければなりません)

OSが存在するSSDと同SSD内に普段使用するデータ(officeファイルや画像、音楽等)を保存していた場合、
OSの再インストールによりデータは全て消えてしまいます。

どうでもいいデータであれば消えてしまっても問題はないと思いますが、
大切なデータであれば何としてでも取り出したいものだと思います。

そのような場合は、是非ともギガデータにOSが起動しないSSD搭載ノートPCのデータ復旧をご依頼ください。

HDDに比べまだまだSSDのデータ復旧依頼数は少ないですが、
SSDもデータの復旧、取り出しは可能です☆

過去に頂いたSSD搭載ノートPCからのデータ復旧も、
SSD内から95%以上のデータを取り出すことができ、お客様の欲しいデータに関しては
100%のデータを取り出すことに成功しました。

また、ノートPC以外にも、ポータブルSSDとして販売されているものからもデータを復旧することは可能です。

費用としては、SSDだからといって特別な価格設定しているわけではなく、
HDDと同じ価格設定になります。
つまり、弊社で復旧可であるなら、復旧費用の上限は42,000円です。
(詳しくは、HDDデータ復旧費用のページをご確認ください)

初期診断は無料、キャンセルも無料となっていますので、
是非とも弊社にご依頼ください。




ホーム > SSD

検索
フィード
メタ情報

Return to page top