データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > NAS > NASのデータ復元

NASのデータ復元 Archive

HDL-CシリーズのLANDISKにアクセスできない状態

LANDISKはIO-DATA社が販売しているネットワーク対応HDDですが、
最近では職場だけではなく家庭でも使用されることが多くなってきました。

昔と違い、複数台のパソコンを所有する家庭が増えたこともあり、
パソコン間でのデータのやり取りの効率性を考えると
HDL-Cシリーズのような比較的安価なネットワーク対応HDDを家庭に導入するのも良策だと思われます。

しかしながら、HDL-Cシリーズのようなネットワーク対応HDDは、想像以上に複雑なシステムで動作しているため、
電源をON/OFFするようなふとした操作でも障害が発生することがあります。

障害が発生するとHDL-Cにアクセスできなくなりますが、
もちろん修理により再利用することは可能です。

しかしながら、障害の内容によっては修理により保存データが全て消えてしまうことがございます。

ネットワーク対応HDDとしての機能を優先するか、保存されているデータを優先するかはお客様次第ですが、
保存データをどうしても取り出したい方は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

HDL-CシリーズのようなHDDが1台で構成されているネットワーク対応HDDの場合、
データ復旧費用は52,500円での固定金額での対応となります。

HDD内の部品が壊れているような重度物理障害の場合は上記費用での対応はできませんが、
国内の弊社提携先にて、業界平均より低めの復旧費用でデータ復旧を行うことも可能です。

お客様の環境で全くアクセスできないような状態でも、
弊社の解析機器にてデータをHDD内から取り出せたことは多々ございます。

そのため、どのような症状が発生しても諦めず、弊社にデータ復旧をご依頼ください。

ランプ点灯からのRAID復旧

LinkStation(リンクステーション)やTeraStation(テラステーション)、
LANDISK(ランディスク)のようなネットワーク対応HDDは、
“RAID”という複数のHDDを用いて高信頼性または高速作動の仮想的なドライブを作成することができます。

主に仕事場等の、消失してはいけないデータを扱うような所で使用されることが多いです。

ただ、RAIDを使用しているネットワークHDDも精密機器ですので、
筺体が壊れたり、システムがふとした拍子に壊れたりし、
RAID崩壊等のエラーが発生することがあります。

何かしらのエラーが発生した場合、エラーランプが点灯することが多いですが、
壊れ方によってはどのような対応を行ってもランプが点灯したままで、
RAIDを再利用できない場合があります。

そのような時は、是非とも弊社のRAID復旧サービスをご利用ください。

弊社では、システム自体の修復は行っていませんが、
RAIDにより分割されたファイルを一つのファイルとして取り出すような、データ復旧サービスをご提供しております。

RAIDは複雑なシステムで動作しているため、
データ復旧作業も難解・長時間対応になることが多いですが、
そのような場合でも弊社は比較的安価にデータ復旧サービスをご提供しております。

例えば、恐らく最も使用されているRAID5のデータ復旧費用は、
HDDに物理的な障害が発生していなければ、157,500円の固定金額で対応を行っています。

探せば更に安く対応している業者もあるみたいですが、
そのような業者に以前依頼をした時に
「状態が悪いのでどうしても追加費用が必要になる」
と言われ、最終的にホームページ記載の金額の2倍の額を請求されたらしいです。
弊社はそのRAIDを157,500円で、その業者よりも1週間程度速く診断結果をご報告したみたいで、
お客様は非常に驚いていらっしゃいました。

それぞれの業者がそれぞれのRAID復旧技術を有しているため、
障害内容によっては弊社よりも安く・速く対応ができる所もあるかもしれませんが、
弊社はその中でも比較的安価で速い対応を行えていると思われます。

ランプ点灯が直らず、RAIDを使用しているHDDに障害が発生したままの方は、
是非とも弊社にRAID復旧をご依頼ください。

TeraStationデータ復旧 E23とE14が共に表示されている場合

TeraStationデータ復旧 E23とE14が共に表示されている場合

TeraStationのような複数台のHDDでRAIDを使用できる機器は、
稀にエラーが発生します。

エラーの内容も様々であり、自分で対応できるものや、
メーカーサポートでなければ対応できない物など、様々なものがございます。

サポートで修理を行えば、TeraStationの機能を直すことはできますが、
大抵の場合は中に保存されていたデータは消えてしまいます。

TeraStationの機能か、保存されているデータか、
どちらが大切かはお客様の判断次第ですが、
保存されているデータがどうしても必要なものである場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

例えば、エラーとしてE23とE14が共に表示されている場合、
エラーの内容は
 RAIDアレイがマウントできていません。
という内容になります。

この状態は、メーカーサポート(修理センター)でしか対応ができないみたいですが、
修理により中のデータが消えてしまう可能性は高いです。

弊社のようなデータ復旧会社は、上記のようなエラーが発生しているTeraStationからでも
データを取り出すことが可能です。

HDDの状態によっては取り出せないことも勿論ございますが、
保存されているデータに影響を与えるような操作が行われていない限り
データ復旧が可能であることが多いです。

TeraStationはよくRAID5で使用されていますが、
RAID5であれば復旧費用は157,500円の固定金額です(論理障害時)。
一見物理障害のように見えるものでも、論理的なエラーにより
物理障害のような挙動をしていることもあるため、
どのような障害レベルか、データ復旧が可能かどうかは
無料の診断を行ってからの判断となります。

診断に要する時間も、HDDの状態や保存データ容量次第ではございますが、
保存データ容量が少なければ1,2日で”どのようなデータが復旧可能か”までご報告しております。

故障が発生しているTeraStationで、E23とE14が共に表示されているようなエラーが発生している場合は、
是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご利用ください。

LinkStation LS-WX2.0TL/R1 RAID1を利用したネットワーク対応HDD(ハードディスク)からデータ復旧

  • 近年、今まで書類ベースで行ってきた仕事が、電子データベースで進むようになってきています。

電子データは保存方法にさえ気をつければ半永久的に使用可能です。
しかし、データを保存している機器(おもにHDD)の故障により、
大切なデータを簡単に失ってしまう可能性があるのも事実です。

そのような事実に対し、大切なデータを失わないためのHDD使用方法が考案されています。

信頼性の高いデータ管理方法・HDD使用方法として、
RAID1という使用方法がございます。
HDDを2台用いて、2台ともに同じデータを保存する使用方法をRAID1と呼びます。

RAID1が使用できるHDDは、主にバックアップ目的で使用されますので、
RAID1にネットワーク機能を持たせた、ネットワーク対応HDDとして販売されていることが多いです。

代表的なものとしては、LS-WX2.0TL/R1のようなものになります。

こちらもHDD2台のRAID1で構成されており、LS-WX2.0TL/R1を複数のPCで共有ができるネットワーク対応機能も持ち合わせています。

これを使用すれば、ある程度データの管理に関しては安心ですが、
ネットワーク対応機能は比較的複雑なプログラムで動作しているため、
ふとした時に故障する時があります。

故障をしても大抵の場合はメーカー等で直すことができますが、
中に保存されているデータが消えてしまうことが多いです。

大切なデータを保存するためのHDDなのに、HDDの機能しか戻ってこない・・・
中のデータを取り戻したい!という方は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

RAID1は2台ともに同じデータを保存しているため、1台構成のHDDに比べてデータを復旧できる確率は高いです。

RAID1データ復旧費用は、論理障害対応であれば84,000円で対応しております。

ご依頼頂いた際は

  1. どのような障害が発生しているのか調査
  2. データを取り出せるかどうかの調査
  3. データ取り出し可能な場合、どのようなデータが取り出せるのかを調査
  4. 検出データリストとお見積りをご連絡

という順序で無料診断を行っております。

1台だけHDDを送るから安くしてくれ、という問い合わせを受けることもございますが、
1台目のHDDから出てこなかったデータが2台目から出てくる、ということもございます。

診断が1台だけで大丈夫かどうかは、2台のHDDを診断しなければ判断できません。

診断から納品までにかかる期間は、
HDDの容量やデータ量、ファイル数等によって大きく変化しますが、
100GB以内のデータ量であれば1日程度で診断結果をご報告し、
費用お振込み日またはその翌日には発送が可能です。

また、復旧不可・診断後のキャンセル時はご返却の送料のみのご負担となっており、
診断料等は一切発生いたしません。

LinkStation LS-WX2.0TL/R1のようなRAID1対応のネットワークHDDにて障害が発生し、
データを復旧させたいお客様は、是非とも弊社にご依頼ください!!!!

安価で固定金額のデータ復旧費用(TeraStationのようなNAS、RAID)

弊社では、LinkStation、LANDISK、TeraStation、WindowsServer等の
NAS、RAIDに関しては、完全に固定金額の復旧費用でデータ復旧サービスをご提供しております。

他の業者の中には、最初に低めの価格を伝え、
診断後に「これは状態が悪かったので、復旧費用は○○万円になりますね」
と、問い合わせの時より非常に高額な請求をする所もあるみたいです。
(お客様の問い合わせで上記のような話をよくお聞きします)

弊社は完全に固定金額で対応しております。

論理的な障害であれば、
NAS、HDD1台・・・52,500円の定額
RAID1・・・84,000円の定額
RAID0、RAID5、RAID6等・・・157,500円の定額
上記のような費用となります。

問い合わせ段階では他の業者の見積もり金額の方が安いこともあるみたいですが、
実際に依頼してみると弊社の方が安くなるというのはよくあるみたいです。
(事実、弊社には「他社が高すぎたので・・・」という理由で依頼される方が多いです)

お客様の期待を裏切ることはできませんので、
弊社は最初から明確に費用をご提示しております。

また、HDD内の部品が壊れてしまっているような重度物理障害の場合も、
お問い合わせ頂ければ費用をお伝えいたします。
ちなみにこちらも固定金額です。
提携企業での作業となり、ネット上では費用を明かせない契約になっているため、
重度物理障害対応の場合は先にメールかお電話にてお問い合わせください。

TeraStationのようなNASは、基本的に持ち運んだり付け外しをしないものであるため、
HDDの中の部品が壊れるような重度物理障害にはなりにくく、復旧成功率も
通常の外付けHDD等に比べると高いです。

また、重度物理障害の場合でも、部品の劣化等により部品が壊れることが多いため、
プラッターに傷がつかずに、高復旧率でデータをお渡しできることが多いです。

弊社は明確で安価な費用にてデータ復旧サービスをご提供しています。
「論理障害だけど状態が悪いからこれは○○万円です」みたいな、
いきなり費用を上げるようなことはございません。

安心してデータ復旧を依頼したい方は、是非とも弊社にご依頼ください!




故障?しているLinkStationからデータを取り出す

よくある問い合わせの中に、
「サポートへ電話したら、LinkStationのHDDが故障しているので、
新しいHDDに交換しなければならない」
「HDDをフォーマットしなければならない」
とサポートに診断されたというお話がございます。

LinkStationの中のHDDの障害にも色々あるため、
例えば、表示されるエラーコードが[E16]だとしても、
実際にリンクステーションのHDDに発生しているトラブルが
全く異なることがあります。

サポートからすると、HDDが使用できないことには変わらないため、
少しでも障害が発生しているHDDは「故障している」と診断します。

ただ、HDDが故障していても、
「データを取り出せる状態のHDD」
「データを取り出せない状態のHDD」
2種類に分けることができますので、
メーカーにLinkStationのHDDが故障していると診断されても
データ復旧を諦めるのはまだ早いです。

弊社ではリンクステーションでハードディスク1台構成のものであれば、
重度物理障害でない場合は52,500円でデータ復旧サービスをご提供しています。

重度物理障害は、HDD内の細かい部品が物理的に壊れてしまっている状態の障害ですが、
一見すると重度物理障害のように見えて実は重度物理障害ではないケースもございます。

その判断は実物を診断しなければできないことが多いため、
まずは無料で行っている初期診断をご依頼ください。

診断および診断後のキャンセルは無料で行っております。

故障していると診断されたLinkStation(リンクステーション)からデータを取り出したいお客様は
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




LANDISK(RAID5)のフォルダを見れない

LANDISKのHDD4台構成のモデルや、TeraStation等、
家庭用ではなく業務用で使用することが多い大型NASは、
RAID5で使用されていることが多いと思います。

RAID5のシステムは高信頼性を売りにしていますが、
HDDが正常でも
・フォルダを見れない
・認識しない
・ファームウェアのアップデートができない
等の障害が発生することがございます。

大抵はLANDISKやTeraStationの筺体側(基盤側)の障害により
上記のような障害が発生するみたいですが、
筺体側のエラーにより、HDD内に保存されているシステム等のデータまで
壊れてしまうことが多いです。

その状態のLANDISKやTeraStationは、メーカーサポートで修理を行うしか
直す方法がありませんが、HDDは交換したりフォーマットをするため、
中に入っているデータは消えることが多いです。

弊社では、上記のような障害が発生しているLANDISKやTeraStationからでも
データを取り出すことが可能です。

LANDISKやTeraStation(RAID5)の復旧は、他社に依頼すると高額な費用が発生することが
多いですが、弊社ではお渡しするデータの容量やHDDの合計の容量問わず、
復旧できれば157,500円の固定金額での対応となります。

また、データが復旧できない場合は費用の発生はございません。

LANDISKやTeraStationのHDDは物理的な障害が発生することは少ないため、
他のHDDに比べ復旧成功率・復旧率は高いです。

ただ、障害の原因や度合いによっては復旧できない場合もございますので、
まずは診断をご依頼ください。
LANDISKやTeraStationの診断は無料で行っております。

フォルダが見えなくなっているようなLANDISKやTeraStationでも
データを復旧できる可能性はございますので、
データ復旧をご希望のお客様は是非とも弊社にご依頼ください。




TeraStation(テラステーション)RAID5のファームウェア異常になった時のデータ復旧

TeraStation(テラステーション)を使用していると、
稀にファームウェア異常を示す障害が発生することがあります。
RAID5等の高度なシステムで動作しているため、
障害が発生するのはある程度やむを得ないかもしれません。

大抵はファームウェアの更新でその障害は直りますが、
直らない場合は
・メーカーサポートへ修理依頼をする
・データ復旧会社にデータ復旧依頼をする
上記2つの手段しかございません。

メーカーサポートに送ると、確かに直るかもしれませんが、
データは全て消えて戻ってくるでしょう。

TeraStation(テラステーション)としての機能よりも、
中に入っているデータの方が大切だと思うかたは、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご依頼ください。

ファームウェア異常を示すエラーが発生しているTeraStationからデータを取り出した実績はもちろんございますが、
それ以上に特筆すべきは費用の安さです。

数十万はくだらないと言われるRAID5のデータ復旧を、
弊社では157,500円の固定金額で行っています。

他社の見積もりを経験した人は必ず「何故そんなに安いのか」と聞いてきますが、
弊社にとっては上記の費用で対応できるからその費用を提示しているだけにすぎません。

ただ、日ごろから業務の効率化や新しい復旧方法の研究等を行っているため、
手間を省いたり、比較的短時間で解析を終わらせたりと、
そういったことの積み重ねが費用に現れているのだと思います。

診断自体は無料で行っており、
復旧不可等でキャンセルになっても診断料等の費用は一切発生致しません。

RAID5で使用していたTeraStation(テラステーション)等が
ファームウェア異常で使えなくなった場合は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご依頼ください!!




認識されなくなったNASのファイルを復元したい!!!!

NAS=Network Attached Storage

名前の通り、ネットワークに接続して使用できる記憶媒体のことですが、
LinkStation(リンクステーション)やTeraStation、(テラステーション)、
LANDISK(ランディスク)等、様々な種類があります。

複数台のPCでHDDを共有できるため、プロジェクトのデータ管理や
家庭内ネットワークでテレビの録画データを複数のPCで見ることができたりと、
意外と便利です。

ただし、概要は簡単でもそれを動かすためのシステムは複雑ですので、
ちょっとしたこと(停電したとか、ファームウェアのアップデートを行ったとか)でも
認識されなくなることがあります。

メーカーのサポートへ修理依頼を出せば直るかもしれませんが、
高い確率でデータが消えて帰ってきます。
(修理と言う名目ですが、実際は部品の交換をしていることが多いです)

NASに入っているデータがどうしても諦めきれないんだ!!
という方は、是非ともデータの復元を弊社にご依頼ください。

PCから認識されなくなったNASからでも、データを取り出すことは可能です。

もちろん状態によりけりですが、通常のHDDに比べると復元できる可能性は高いように感じます。
(基本的に固定して使用するものなので、衝撃による物理的な障害が少ないからです)

また、弊社のデータ復元費用は安いです。

一昔前までは、NASのデータ復旧となると1台構成でも10万円以上が当たり前な状態だったと思いますが、
弊社は最新の技術・社内手続きの簡略化による効率の向上等、
速く、手間を省くような改革を行い続けた結果、
1台構成であれば52,500円、
RAID1であれば84,000円の

固定金額

での対応を可能としました。

問い合わせのお客様の中には
「最初は安い値段を言っておいて、後からがっぽり請求するんでしょ~」
「他社で15万て言われてるんですけどー本当にその値段でできるんですかー」
等々、中々信用して頂けない発言を頂くことがございますが、
重度物理障害でなければ本当にその値段で対応します。

過去にあった事例としては、
最初に弊社に問い合わせをして、その後他社へ依頼して高額請求され、
結局弊社へ戻ってきて52,500円で対応した、というものがございました。
1週間以上の時間の無駄が発生してしまったため、
弊社を信用しなかったことを悔いていらっしゃいました。

他社が高い復旧費用を設定している中、
相場より低い価格帯でご提供できるのは、
技術がしょぼいからではなく、技術があり、無駄な手間・コストを削減しているからです。

データを復旧できるかは無料で診断を行いますので、
認識されないNASからデータ(ファイル)を復元した方は是非とも弊社にデータ復元をご依頼ください!!!!




障害が発生したLANDISKからデータを復元させたい

LANDISKはネットワーク対応のハードディスクであり、
近年家庭・職場問わず使用されるようになってきました。

HDL-で始まる型番がLANDISKの特徴であり、
ネットワーク対応ハードディスクの特徴である、
「1つのハードディスクを複数台のPCで共有できる」
という利点を有しています。

ハードディスクをネットワークに対応させることは簡単なことだと思われますが、
その原理は意外と難しく、
使用するのは簡単だけど、障害が発生した後の修理や復元は難しい、
という代物になります。

特に、RAIDモード対応機種では、生半可な知識では障害をより悪化させてしまうことが多々あります。

そのため、LANDISKに障害が発生した場合、
なるべくご自分ではデータを復旧・復元させようとせず、
データ復旧会社へデータ復旧をご依頼ください。

勿論データ復旧費用は発生してしまいますが、
高い確率でデータを取り出すことが可能です。

ただ、データ復旧費用は会社によってマチマチですので、
どの会社に頼むかはしっかり判断した方が良いです。

弊社では、
1台構成のLANDISK:52,500円
RAID1:84,000円
RAID0,RAID5:157,500円
上記のように、弊社で復旧可能なLANDISKであれば、固定金額での対応となります。

データの容量で費用が変わるようなことはございませんので、
「高額請求されたらどうしよう」と心配する必要はございません。

診断はもちろん無料で行っており、
・データを復旧できるか
・どのようなデータを取り出せるか
をお伝え致します。

希望に添えない結果になった際のキャンセルも無料となっているため、
安心してご依頼頂けると思います。

LANDISKに障害が発生してしまって、データを取り出したいお客様は
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!!!




RAID5のTeraStation(テラステーション)の故障 PCからアクセスできない

・普通に使っていて
・引っ越し後
・電源ON/OFF後
・ファームウェア更新後

どのような状況でも、TeraStation(テラステーション)等のネットワーク対応HDDは故障することがあります。

わかりやすい症状として、
・PCからアクセスできない
・PCから見えない、認識されない
というものがあります。

エラーランプを見れば大体の状態は把握できますが、
データ復旧依頼で来るTeraStationを見ている限り、
エラーランプが示す内容と、本当の障害の内容が異なることがございます。

故障すると、まずはメーカーのサポートへ問い合わせると思いますが、
サポートの指示通りの対応をしてもTeraStationが直らない場合は、
・サポートへ送って修理(データは消える)
・データ復旧会社へデータ復旧依頼
どちらかの対応になると思います。

データ復旧サービスを何度も利用するような方はあまりいらっしゃらないと思いますので、各会社で何が違うのかを比較することは難しいと思いますが、
弊社の特徴としては
・費用が安い
・対応が速い
上記が挙げられます。
また、他社で高額過ぎる見積もりを出されたTeraStationを、
157,500円という低価格で対応できているので、
高い費用が発生するTeraStationのデータ復旧を低価格で行える技術力があるとも言えます。

TeraStationデータ復旧依頼のほとんどが上記の
・PCからアクセスできない
・PCから見えない、認識されない
という症状が発生しているものであり、
高確率でデータ復旧に成功しています。

ただ、どうしても復旧できないような状態になっているTeraStationもあるため、確実に復旧できるとは言い切れません。

復旧できるかどうかを調べる診断は無料で行っており、
論理的な作業で復旧できれば157,500円の定額で対応しているため、
費用が不透明な他社に比べ依頼しやすいのも特徴です。

PCからアクセスできないような症状が発生しているTeraStationから、
データ復旧を考えているお客様は、是非とも弊社にご依頼ください!




RAID5のLANDISK 修理・データの復旧・データの取り出し

RAID5が使用できるLANDISK Teraは、
HDL-GTシリーズ
HDL-XRシリーズ
等があります。

RAID5は、データの高速化や安全性の向上を図る技術である「RAID」のレベルの一種で、
複数のハードディスクをまとめて1台のハードディスクとして管理する手法のことです。

RAID5を使用するには3台以上のHDDが必要となりますが、
パリティという誤り検出符号を作成することにより、
HDDが1つ壊れてしまっても、壊れたHDDを交換すれば元通り使用できるようになります。

しかしながら、データ復旧の仕事をしていると、
HDDが1台だけ壊れてしまったものより、複数台のHDDに異常が発生していたり、
RAID5のシステムを構築・運用する部分に異常が発生していたりと、
1台のHDDを交換するだけでは対応できないものも沢山ございます。
また、操作ミスによりRAIDの機能が失われてしまったものもございました。

弊社ではそのような一見メーカーのサポートでしか修理できないLANDISKや、サポートではデータが全て消えてしまうようなLANDISKからでもデータを復旧させるサービスをご提供しています。

もちろん全てが復旧成功という訳ではありませんが、
比較的高い確率でデータを復旧させることに成功しています。

気になる費用は、
復旧できるかどうかの診断(初期診断):無料
キャンセル:無料
データ復旧費用:157,500円(論理障害対応)

上記のみです。
物理的に壊れているように見えるLANDISKでも、
論理的な対応で復旧できることが多いため、
論理的な対応で復旧できれば157,500円です。

上記費用は他社に比べると安いらしいですが、
この価格が弊社にとっては適正価格です。

よくわからない項目を増やして追加料金を設定するようなことはございませんので、
RAID5のLANDISKのデータを取り出したい、データ復旧を行いかたは、
是非とも弊社までご依頼ください。




TeraStationの修理をすると・・・

TeraStationが壊れてしまった場合、バッファローのサポートで修理を行うことができます。

ただ、バッファローは
「TeraStationとしての機能を再び使用できるようにする」修理を行っているため、
場合によっては保存データが全て消えてしまいます。

よくお問い合わせで「修理を依頼したら、保存データ全部消えるって言われたんですよー」とお聞きしますが、
恐らく説明書や保証書等に「保存データは保証しない」と記載があると思います。

お客様の中には、TeraStationの機能も大事だけど、
それ以上に中に保存されているデータが大切だという方がいらっしゃると思います。

TeraStationのデータ復旧は中々素人では難しいものがございますので、
データを取り戻したい場合は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

TeraStationというよりも、TeraStationで使用できるRAID機能が
複雑なシステムで動いているため、
無闇に触ると完全に復旧不可になってしまうことがございます。

ある程度の状態の悪化であればデータを取り出すこともできるかもしれませんが、
データを取り出せなくなる可能性の方が高いような気もします。

障害発生直後であれば、比較的容易に全データを取り出せることが多いため、
障害が発生したらなるべく手を加えずにご依頼ください。

データ復旧で一番気になるのは、復旧費用だと思います。
あるお客様は
「データ復旧費用が会社によって差がありすぎて、
 何が正しいのかわからなくなった」
と仰っていました。

確かに、そう思うことはございます。

弊社はTeraStationのRAID5で、論理障害であれば
157,500円の固定金額で対応しております。

15万円は確かに高いと思いますが、お客様からお聞きした情報では、
弊社で15万円で復旧できたRAID5が他社では5倍以上の費用を見積もられたとのことです。

弊社としては、データを復旧させるために必要な作業にかかる工数等を考えて、RAID5は157500円と設定しています。

費用の算定は各会社によって算定方法が異なりますので
他社がどのように費用を算定しているかはわかりませんが、
弊社ではRAID5は157,500円です。

また、診断は無料、診断結果が出た後のキャンセルも無料となっておりますので、
残念な結果になってしまってもご返却の送料のみのご負担となります。

次に気になることは、復旧にかかる期間だと思われます。
診断の期間に3日~1週間といつも説明していますが、
HDDの状態と全体の容量、実際に使用している容量によって期間は大きく変わります。

過去の事例を思い出すと、
300GBのデータを2日でお渡ししたこともあれば、
100GBのデータをお渡しするのに9日かかったこともございます。

そのため、一概に「○日でできます!!」というのは中々難しいですが、
ご希望データの詳細をお伝え頂ければそのデータのみを先に復旧しお渡しすることも可能です。

過去に、午前中にお持ち込み頂き、希望データだけを最初に復旧し、夕方に復旧データを焼いたDVDをお渡ししたこともございます

ケースバイケースで説明が難しい所もございますが、
TeraStation RAID5等でデータ復旧をお探しの方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




LinkStationのデータ復旧事例その2(I11発生)

LinkStationやTeraStationでは、エラーが発生するとランプの点灯により
エラーの内容を教えてくれるものがあります。

エラーの内容と実際に生じている障害が異なることもそれなりにございますが、
データ復旧の診断を行う際にどのようなエラーコードが表示されていたかを知ることができれば、
診断を行いやすくなります。

先日、「I11」というエラーが発生しているリンクステーションが弊社に到着しました。
I11の内容は、公式によれば

ハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達する可能性があります。

という内容です。

本当なのかな?と思いつつHDDの診断を行った所、
不良セクタの発生が確認され、不良セクタでシステムデータが読み取れない状態になっていました。
また、普段の保存データの領域にも不良セクタが存在しており、
残念ながら100%のデータを取り出すことはできませんでした。

しかしながら、ご希望のデータは幸いにも全て不良セクタに被らずに検出ができており、
全てのデータではありませんが、無事にデータをお渡しすることができました。

不良セクタは必ず発生するものであり、増え方も爆発的に増えることがございますので、
診断中も中々油断できません。

先ほどのご依頼も、他社で希望データが一部検出できなかった+費用が高いとの理由で他社の診断をキャンセルした後の、
2度目の診断だったため、正直な所希望データが検出できるとは思っていませんでした。

弊社の手法が良かったのか、希望データを検出することができた安心しました。

復旧費用は、1台構成のHDDでケースなしの状態であったため、
52,500円のご請求となりました。
費用も無事予算内に収まったとのことで、満足して頂けました。
元々定額の復旧費用のため、会社から承認をとりやすくてありがたいとのお言葉も頂きました。

不良セクタは中々発生を防げるものではないため、不良セクタが原因の障害が発生していHDDは
沢山送られてきます。
不良セクタが希望データ部分に重なっていた場合、そのデータを取り出すことは不可能ですが、
重なっているかどうかは診断を行わなければわかりません。

そのため、不良セクタが原因と思われる症状が発生した場合でも
諦めずに初期診断をご依頼ください。




RAID0が使用できなくなった。。。

LinkStationやLANDISK等で、HDDが複数台入っているものは、
RAID0というシステムを使用することができます。

大容量化、高速化に特化したシステムであり、
1つのデータを2台のHDDに分割して保存するような仕組みです。
ただ、デメリットとしては、片方のHDDが壊れるだけで全データを失うことになるため、
信頼性は非常に低いです。

LinkStation等の初期設定がRAID0で出荷されているものが多いため、
意外とRAID0を使用している方は多いです。

ただ、複雑なシステムで動作しているため、ふとしたこと(電源のON/OFF等でも)で
RAID0が使用できない状態になることがあります。

トラブルが発生した場合、大抵の方はサポートへ問い合わせると思いますが、
サポートでもダメな場合は、
データを諦めるか、データ復旧会社へデータ復旧を依頼するかのどちらかになります。

データ復旧会社へデータ復旧を依頼すればデータが戻ってくる可能性は高いですが、
RAID0は作業が難航化することが多く、そのためか復旧費用は高めに設定している業者がほとんどです。

また、両HDDのデータが完璧な状態でなければ全てのデータを取り出すことができないため、
どの業者でも、他のRAIDに比べると復旧率が低くなることが多いらしいです。

弊社にデータ復旧をご依頼頂いた際も、やはり復旧率が低下することはございますが、
それでも可能な限りデータを取り出させて頂きます。

復旧費用は、容量問わず157,500円です。
診断やキャンセルは無料ですので、お気軽にご依頼ください。




ホーム > NAS > NASのデータ復元

検索
フィード
メタ情報

Return to page top