データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > NAS

NAS Archive

TS-XH4.0TL/R6 RAID5,6対応エラー発生TeraStationのデータ復旧

TeraStationは4台のHDD(機種によっては6台)を一つの筺体に搭載している、
ネットワーク対応HDD(NAS)です。

大容量、高信頼性でのHDD使用が可能であるため、
主に職場にてファイル共有目的で使用されていることが多いです。

ただ、TeraStationも精密機器ですので、
突然エラーが発生し、アクセスできないような状態になってしまうこともございます。

複数台HDD搭載モデルはRAID5や6により冗長性があるため、障害が発生しても
HDDを交換することで元通りに復旧することができます。
しかしながら、それも障害の内容や度合い次第であり、残念なことにHDD交換だけでは
対応できないような障害もございます。

そのような時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

状態にもよりますが、障害発生後にリビルド等を行っていなければ、
高い確率でデータを取り出すことが可能です。

またデータ復旧費用もお求めになりうやすい価格で、固定金額にて対応しているため、
意味不明な追加費用が発生することもございません。

具体的には、RAID5や6を使用しているTS-XH4.0TL/R6にて、
RAID崩壊が発生している状態から95%以上のデータ復旧率で復旧できたことがあります。
また、最終的なご請求金額も、ホームページ記載の通り論理障害対応の157,500円にて復旧ができました。

データ復旧にかかる期間も、データ量が100GB以下等の小容量で、
データアクセス速度の低下が発生しなければ、
即日納品も可能となります。

TS-XH4.0TL/R6をご利用の方で、データをどうしても取り出したい方は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください!

エラー発生のLS-QV-L/R5シリーズからデータ復旧

LS-QV-L/R5シリーズは、BAFFALOから販売されている、
HDDを4台搭載したネットワーク対応HDD(NAS)です。

このNASを使用すると、複数台のPCで1台のHDDをネットワークを介して共有できるため、
非常に便利です。

ただ、LS-QV-L/R5シリーズのようなNASは、ネットワークやRAID対応により、
通常のHDDよりも複雑なシステムで動作しています。
そのため、小さいエラーが偶然重なってしまったり、
電源ON/OFFのような些細なことで大きなエラーが発生し、
全くアクセスできない、エラーランプが点灯するような状態になることがあります。

また、障害の内容や度合いによっては、そのエラーに対応しようと
色々と操作をすることで、保存データが完全に消えてしまうようなこともございます。

システムが壊れていて、保存データが無事な状態であれば
データを取り出すことはできますが、
取り出すデータが存在しなければデータを取り出すことはできません。

そのため、何かしらエラーが発生し、保存データを絶対に失いたくない時は
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

LS-QV-L/R5シリーズはHDD4台構成であるため、
恐らくRAID5やRAID6といったRAIDを使用していると思います。

RAID5、RAID6でも弊社は障害の種類に応じて完全に固定金額で対応しており、
論理的な障害であれば復旧費用は157,500円の固定金額での対応となります。
データ容量に応じて費用が変化する業者もあるため、勘違いされるお客様も多いですが、
弊社では固定金額での対応を行っています。

一番大切なのは常日頃からバックアップをとることですが、
どうしてもバックアップをとれない時に障害が発生することもございます。
データ復旧費用はかかりますが、復旧費用に見合った、それ以上の価値がお客様のHDDの中に保存されている場合は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

HD-WLU3/R1シリーズが認識されない

HD-WLU3/R1シリーズは、1つの筺体にHDDが2台搭載されており、
・別々に使う
・RAID0で使う
・RAID1で使う
上記のように、目的に応じて使用方法を変更することができます。

RAIDはTeraStationやLinkStationのようなネットワーク対応HDD(NAS)で主に使用されていますが、
PCの普及により個人でも重要なデータを保持するようになってきたため、
HD-WLU3/R1シリーズのようなUSB接続でRAIDを使用できるようなHDDが開発されてきました。

特にRAID1は2台のHDDに同じデータを保存するような、常にバックアップをとっている状態で
データ保存を行っているため、信頼性が非常に高いです。

しかし、RAIDは複雑なシステムで動作しているため、
システム破損等によりPCで認識されないような障害が発生することがございます。

個人で”修理”することも可能なレベルの障害もございますが、
障害内容・度合いによってはどうしても修理不可能なレベルであったり、
メーカ-サポートでHDDを交換することにより修理が可能になるものもございます。

HDDとしての機能も大切だとは思いますが、
どうしても保存データを取り戻したいという方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

弊社のRAIDデータ復旧は低価格・固定金額で対応しており、
復旧費用はそれぞれ
 RAID1 84,000円
 RAID0 15,7500円
と、容量関係なしで上記金額になっています。

安いからデータを取り出せないという訳ではなく、
他の業者で数倍の価格で見積もられたHDDと同じ診断結果、
時にはそれより高復旧率な状態でデータを復旧できたことも多々ございます。

データ復旧は技術力も必要ですが、それ以上にHDDの状態の影響を受けることが多いため、
大雑把に言えば「データ復旧ができる状態であればどこでも復旧できるし、できない状態であればどこでもできない」
と言えます。(全てが上記に当てはまるわけではございません)

また、弊社は最新機器やツール、データ復旧方法を随時取り入れているため、
他社で対応不可と言われたものでも対応できることがございます。

しかしながら、やはり障害発生HDDを診断しなければデータ復旧可否の判断はできないため、
まずは無料の初期診断をご依頼ください。
診断後のキャンセルは勿論無料です。

HD-WLU3/R1シリーズをご使用の方で、データ復旧をお探しの方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

電源が入らないLS-WX1.0TL/Rからデータ復旧

LS-WX1.0TL/Rは、BUFFALO社から販売されている500GBのHDDを2台搭載したネットワーク対応HDD(NAS)です。
RAID0やRAID1が使用できるため、お手軽に高信頼性のNASを使用することができます。

ただ、精密機器であるため、運が悪いと使用中に突然電源が落ちたり、電源が入らなくなってしまうような
障害が発生します。

LS-WX1.0TL/R内のHDDのエラーではなく、筺体側がメインのエラーですが、
その影響を受け内部のHDDのシステムにもエラーが出ることがございます。

弊社はデータ復旧会社であるため、そのような電源系統が故障しているLS-WX1.0TL/Rの診断を多数行ったことがありますが、
多くの場合HDDにまで何かしらのエラーが発生しています。
ただ、データの取り出しが不可能なレベルのエラーはあまり発生しないようで、
大抵のご依頼は弊社がご提供している比較的安価な復旧費用で復旧ができています。
復旧費用・・・RAID1 84,000円 RAID0 157,500円

固定金額での対応となるため、診断前と診断後でご請求金額の変化はございませんが、
HDDの状態によっては希望データのみ復旧が不可能な状態になることもございます。

そのような時は勿論キャンセル可能であり、キャンセル料や診断料等は一切発生致しません。

データ復旧はHDDの状態次第ですので、簡単に復旧できることもあれば、
完全に復旧が不可能な状態になっているものもあります。
特にRAID0の障害や、RAID1で空のHDDが上書きされてしまった場合は、
お客様のご希望通りの結果にならないこともありますが、
似たような障害でも綺麗にデータ復旧ができることもありますので、
一度診断をご依頼頂ければと思います。

お困りの方はは、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

費用の安いLinkStation(リンクステーション)データ復旧

LinkStationは複数のPCで共有できる、ネットワーク対応HDD(NAS)です。
HDDが1台のものや、HDDが2台搭載されてRAID1やRAID0が使用できるもの等、
様々な種類のものが販売されています。

職場や家庭など、複数台のPCを所有しているときのデータ共有に非常に便利なLinkStationですが、
ネットワークに接続する機器であるため、非常に繊細なシステムで動作しており、
停電等のふとしたことで障害が発生することがあります。

大抵の障害はご自身やメーカーサポートにより修理が可能ですが、
中には修理ができなかったり、修理した場合保存データが全て消えてしまうようなこともあります。

LinkStationの機能も大切ですが、中に保存されているデータも仕事で使うデータであったり、
写真であったりと、非常に大切なものだと思います。

障害の発生しているLinkStationからどうしてもデータを取り戻したい方は、
弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

昔からデータ復旧を知っている人は、かなり高額になると思っている方が多いですが、
弊社は最新機器の導入や業務の効率化等により、業界平均に比べると安い価格帯でデータ復旧を行っております。

例えば、HDD1台構成のLinkStationであれば、データ復旧費用は52,500円の固定金額です。
RAID1の場合は84,000円になります。
どちらともHDDを解体しない場合の復旧費用ですが、
LinkStationのような基本的に1か所に固定して使用するものは、
HDDの解体が必要な障害は中々発生しないため、
多くの場合上記の復旧費用でデータ復旧をご提供できています。

データ容量によって費用を分けている所もあるみたいですが、
弊社は容量関係なく上記の固定金額です。

また、データを復旧できるかどうかを調査する初期診断は無料となっており、
診断後のキャンセルも無料です。
(ご返却の送料はご負担頂きます)

LinkStationは外付けHDD等に比べデータを復旧できる可能性は高いため、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください!

HDL-CシリーズのLANDISKにアクセスできない状態

LANDISKはIO-DATA社が販売しているネットワーク対応HDDですが、
最近では職場だけではなく家庭でも使用されることが多くなってきました。

昔と違い、複数台のパソコンを所有する家庭が増えたこともあり、
パソコン間でのデータのやり取りの効率性を考えると
HDL-Cシリーズのような比較的安価なネットワーク対応HDDを家庭に導入するのも良策だと思われます。

しかしながら、HDL-Cシリーズのようなネットワーク対応HDDは、想像以上に複雑なシステムで動作しているため、
電源をON/OFFするようなふとした操作でも障害が発生することがあります。

障害が発生するとHDL-Cにアクセスできなくなりますが、
もちろん修理により再利用することは可能です。

しかしながら、障害の内容によっては修理により保存データが全て消えてしまうことがございます。

ネットワーク対応HDDとしての機能を優先するか、保存されているデータを優先するかはお客様次第ですが、
保存データをどうしても取り出したい方は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

HDL-CシリーズのようなHDDが1台で構成されているネットワーク対応HDDの場合、
データ復旧費用は52,500円での固定金額での対応となります。

HDD内の部品が壊れているような重度物理障害の場合は上記費用での対応はできませんが、
国内の弊社提携先にて、業界平均より低めの復旧費用でデータ復旧を行うことも可能です。

お客様の環境で全くアクセスできないような状態でも、
弊社の解析機器にてデータをHDD内から取り出せたことは多々ございます。

そのため、どのような症状が発生しても諦めず、弊社にデータ復旧をご依頼ください。

激安RAID復旧が可能な理由

「こんなに安くデータ復旧ができるなんて知らなかった」と
よくお客様からありがたいお言葉を頂きますが、(特にRAID5等のRAIDを復旧した時に多い気がします)
それと同時に、「何故こんなに安くできるのか」と疑問を持たれる方も多いみたいです。

弊社にとってはこの価格が適正価格ですが、他の業者様と比較すると確かに他より安くデータ復旧をご提供できていると思います。

弊社では、メディアの種類や障害内容に応じたデータ復旧方法を独自に多数確立しており、
そのおかげか短時間で高復旧率のデータ復旧が行えています。
また、事務作業等のデータ復旧と直接的には関係のない作業の効率化や、
少数精鋭での営業等、今までのデータ復旧にとっては低価格な価格帯でも
データ復旧サービスが可能となっています。

滅多におきないような珍しい障害内容でも、複数のデータ復旧手段と経験を基に
幅の広い対応が可能となっており、他社で完全に不可能と言われたようなHDDや、
時間をかければ復旧できるがその分費用も増えると言われたようなHDDを
短時間低価格で対応したことは多数ございます。

データ復旧技術は技術の進歩がはやく、昔は難しいと言われていたRAIDのデータ復旧も、
最新技術や独自技術により短時間で激安なデータ復旧をご提供できています。

今までは高いと思っていたデータ復旧が、弊社であれば比較的安価に行うことができます。
RAID復旧等でもお困りの方は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

ランプ点灯からのRAID復旧

LinkStation(リンクステーション)やTeraStation(テラステーション)、
LANDISK(ランディスク)のようなネットワーク対応HDDは、
“RAID”という複数のHDDを用いて高信頼性または高速作動の仮想的なドライブを作成することができます。

主に仕事場等の、消失してはいけないデータを扱うような所で使用されることが多いです。

ただ、RAIDを使用しているネットワークHDDも精密機器ですので、
筺体が壊れたり、システムがふとした拍子に壊れたりし、
RAID崩壊等のエラーが発生することがあります。

何かしらのエラーが発生した場合、エラーランプが点灯することが多いですが、
壊れ方によってはどのような対応を行ってもランプが点灯したままで、
RAIDを再利用できない場合があります。

そのような時は、是非とも弊社のRAID復旧サービスをご利用ください。

弊社では、システム自体の修復は行っていませんが、
RAIDにより分割されたファイルを一つのファイルとして取り出すような、データ復旧サービスをご提供しております。

RAIDは複雑なシステムで動作しているため、
データ復旧作業も難解・長時間対応になることが多いですが、
そのような場合でも弊社は比較的安価にデータ復旧サービスをご提供しております。

例えば、恐らく最も使用されているRAID5のデータ復旧費用は、
HDDに物理的な障害が発生していなければ、157,500円の固定金額で対応を行っています。

探せば更に安く対応している業者もあるみたいですが、
そのような業者に以前依頼をした時に
「状態が悪いのでどうしても追加費用が必要になる」
と言われ、最終的にホームページ記載の金額の2倍の額を請求されたらしいです。
弊社はそのRAIDを157,500円で、その業者よりも1週間程度速く診断結果をご報告したみたいで、
お客様は非常に驚いていらっしゃいました。

それぞれの業者がそれぞれのRAID復旧技術を有しているため、
障害内容によっては弊社よりも安く・速く対応ができる所もあるかもしれませんが、
弊社はその中でも比較的安価で速い対応を行えていると思われます。

ランプ点灯が直らず、RAIDを使用しているHDDに障害が発生したままの方は、
是非とも弊社にRAID復旧をご依頼ください。

LinkStation復旧 EMモードのデータ復旧

LinkStation復旧 EMモードのデータ復旧

LinkStationを使用していると、EMモードというモードに入る時があります。
何かしらの障害が発生した時にEMモードに入るみたいですが、
EMモードに入った原因によってはメーカー修理を行わなければLinkStationを再利用できない時もあります。

メーカー修理の場合、保存されているデータは消去されてしまいます。
弊社はデータ復旧会社であるため、EMモードになっているLinkStationからでもデータを復旧、取り出すことができます。

もちろん障害の内容によりますが、EMモードであればデータをほぼ全て取り出せることが多いです。

本日もEMモードになっているLinkStationのデータ復旧依頼があり、
現在まだ診断中ではありますが復旧率は99%以上になる見通しです。

HDD1台で構成されているLinkStationであるため、
データ復旧費用は52,500円の完全固定金額での対応となる予定です。

このように、EMモードになってもデータは取り出せることが多いため、
LinkStationに障害が発生したら是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

LS-VLシリーズ 不良セクタによりEMモードに

LS-VLシリーズ 不良セクタによりEMモードに

LS-VLシリーズは、LinkStationと呼ばれるBUFFALO製のNASです。
1台のHDDを複数台のPCで共有できるため、職場や家庭等で近年使用されることが多くなっています。

ただ、LinkStationもHDDという稼働部品を有した精密機器であるため、
PCのHDDや外付けHDDと同じような障害内容により正常動作、アクセスができなくなる時があります。

例えば、「不良セクタが発生しており・・・」というエラーメッセージと共に
EMモードというモードにLinkStationが入ってしまうことがあります。
このような状態でも、メーカーサポートへ修理依頼を出すことにより
LinkStationを修理することは可能ですが、保存されているデータは全て消えてしまいます。

弊社ではそのような状態のHDD(LinkStation)からでも、条件が整えばデータを復旧することが可能です。

「不良セクタが発生しており・・・」というエラーメッセージ自体、稀ではあるが
よく表示されるエラーです。
弊社への依頼も上記のエラーが多く、ほとんどが復旧可能となっています。

ただ、不良セクタ=データを読み書きできなくなった領域ですので、
データを保存していたセクタが不良セクタになってしまった場合、そのデータを正常に取り出すことは不可能です。

そのため、99%以上のデータを取り出すこともできれば、
80%程度の復旧率になることも勿論ございます。
状態が悪ければ更に低い復旧率になるかもしれませんが、
それは診断を行わなければわからないことになります。

復旧費用は、LS-VLシリーズのようなHDD1台で構成されているNASの場合、
52,500円の固定金額でデータ復旧を行っています。
(ホームページ記載の通りの価格で対応しています)

状態が悪くなければ、即日や1日で診断が完了することも多々あるため、
お急ぎのかたもぜひ弊社のデータ復旧をご検討ください。

連休明けのLinkStation、TeraStation障害~アクセス不能~

連休明けのLinkStation、TeraStation障害~アクセス不能~

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

正月やお盆、GW等の大型連休や、三連休等の小さい連休等でも、
連休明けにはよくLinkStationのようなネットワーク対応HDDの障害問い合わせがよくございます。

LinkStationだけではなく、LANDISKやTeraStation等、
ネットワーク対応であれば機種は関係なく障害が発生することがあるみたいです。

1月4日は弊社の仕事始めですが、
始業前から問い合わせの電話が鳴り響き、閉店間近までLinkStation等の問い合わせが続きました。

問い合わせ内容も若干の差異はあるものの、
大抵は「連休明けで会社に来たらアクセスできない」という内容です。

経験上の判断になりますが、連休明け等でいきなりアクセスできなくなるような場合、
高い確率でLinkStationの中のデータを取り出すことが可能です。

復旧費用も弊社ホームページのLinkStation欄に記載の通りの低価格・固定金額での対応です。

本日も緊急のお持ち込みでLinkStationとLANDISKの対応を行いましたが、
99%以上の復旧率でデータをお渡しすることができそうです。

連休明けでLinkStation等にアクセスできなくなった場合、
データを取り出せる可能性が高いため、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

LS-WVL/R1シリーズに発生する障害

LS-WVL/R1シリーズに発生する障害

LS-WVL/R1シリーズは、3.5インチのHDDを2台搭載した
ネットワーク対応HDD(NAS)です。

HDDが2台あるため、RAID1(ミラーリング)やRAID0等の
RAIDを使用することができます。

弊社はデータ復旧会社であるため、このようなLinkStationのデータ復旧依頼が沢山来ますが、
一口に「障害」と言っても様々なものがあり、
簡単にデータ復旧できるものから完全に不可能なものまで様々な障害がございます。

先日緊急対応したLS-WVL/R1シリーズの合計4TBのモデルでは、
NASナビゲーターからHDDを認識できるしファームウェアの更新までできるのに、
何故かHDD内にアクセスができないという障害が発生していました。

HDDを確認した所、データを保存する領域のパーティション情報が損傷しており、
通常ではどのような操作をしてもデータ保存領域にアクセスできないような状態になっていました。

似たような障害発生状況はよく依頼がありますが、
今回の障害内容のようなデータ保存パーティションのみが損傷しているのは珍しく、
どのような事象が発生するとこのような障害がLinkStationに発生するのか疑問に思いました。

データ復旧に関しては、上記のような状態でも問題なく99%以上のデータを復旧することができ、
データ容量が少なかったためお持ち込みから2時間で納品という特急対応をすることができました。

RAID1でのご依頼でしたが、
 復旧費用:84,000円
のみのご請求であり、特急対応追加費用等は弊社では規定しておりません。

HDDの状態によっては短時間でのお渡しが不可能であったり、
保存データ容量によってはどうしても時間がかかることがございますが、
いつも最短でお渡しができるよう努力しております。

LS-WVL/R1シリーズ以外でも、ネットワーク対応HDDであれば
データ復旧対象メディアであるため、データ復旧をお探しの方は是非とも弊社にご依頼ください!

LinkStationが認識されない時はデータ復旧!

LinkStationが認識されない時はデータ復旧!

LinkStationはNASとも呼ばれ、HDDがネットワークに接続されているため
複数台のPCや機器で一つのHDDを共有することが可能です。

元々は職場でのデータ共有等に使用されていましたが、
近年ではテレビや家庭用のPCを接続し、録画したテレビ番組をパソコンから見る等、
家庭内での利用も急速に広がってきています。

ただ、LinkStationは稼働部品を有する精密機器であるため、外的な衝撃を加えなくても
突然壊れてしまうことがございます。

故障個所は様々なので、一概に判断するのは難しいですが、
メーカー修理に出すと多くの場合は中のデータが消えてしまいます。

LinkStationの中には大切なデータが保存されているから、
どうしてもデータを取り出したい・・・という方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご利用ください。

認識されなくなってしまったLinkStationからでも、
多くの場合データを取り出すことが可能です。
USB外付けHDDと違い、持ち運んで落としてしまうとか、倒してしまう等の
衝撃による破損は少ないため、LinkStationが故障してしまってもデータを取り出せる状態であることが多いです。

気に鳴るデータ復旧費用は、
HDD1台構成で論理障害であれば52,500円の固定金額となります。
容量等に関係なく、上記金額の固定金額です。

また、HDD2台で構成されているRAID1であれば、
論理障害復旧費用は84,000円のこちらも固定金額です。

業界平均より比較的安い価格でご提供しており、また、固定金額での対応となるため、
安心してLinkStationのデータ復旧をご依頼頂けると思います。

認識されんくなったLinkStationからデータを取り出したい方は、
是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご依頼ください!

TeraStationデータ復旧 E23とE14が共に表示されている場合

TeraStationデータ復旧 E23とE14が共に表示されている場合

TeraStationのような複数台のHDDでRAIDを使用できる機器は、
稀にエラーが発生します。

エラーの内容も様々であり、自分で対応できるものや、
メーカーサポートでなければ対応できない物など、様々なものがございます。

サポートで修理を行えば、TeraStationの機能を直すことはできますが、
大抵の場合は中に保存されていたデータは消えてしまいます。

TeraStationの機能か、保存されているデータか、
どちらが大切かはお客様の判断次第ですが、
保存されているデータがどうしても必要なものである場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

例えば、エラーとしてE23とE14が共に表示されている場合、
エラーの内容は
 RAIDアレイがマウントできていません。
という内容になります。

この状態は、メーカーサポート(修理センター)でしか対応ができないみたいですが、
修理により中のデータが消えてしまう可能性は高いです。

弊社のようなデータ復旧会社は、上記のようなエラーが発生しているTeraStationからでも
データを取り出すことが可能です。

HDDの状態によっては取り出せないことも勿論ございますが、
保存されているデータに影響を与えるような操作が行われていない限り
データ復旧が可能であることが多いです。

TeraStationはよくRAID5で使用されていますが、
RAID5であれば復旧費用は157,500円の固定金額です(論理障害時)。
一見物理障害のように見えるものでも、論理的なエラーにより
物理障害のような挙動をしていることもあるため、
どのような障害レベルか、データ復旧が可能かどうかは
無料の診断を行ってからの判断となります。

診断に要する時間も、HDDの状態や保存データ容量次第ではございますが、
保存データ容量が少なければ1,2日で”どのようなデータが復旧可能か”までご報告しております。

故障が発生しているTeraStationで、E23とE14が共に表示されているようなエラーが発生している場合は、
是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご利用ください。

TeraStationのデータ復旧 E23とE13・E23・I12のいずれかが共に表示

TeraStationのデータ復旧 E23とE13・E23・I12のいずれかが共に表示

ネットワーク対応HDDであるTeraStation(TS-HTGL/R5シリーズ等)は、
職場等でデータ共有目的で使用されることが多いと思います。

ただ、精密機器であるため、障害が発生し使用できなくなってしまうことがございます。

そのような時、TeraStationのディスプレイにエラー番号が表示されます。
ディスプレイ表示のエラー番号はそれぞれ意味があり、
ネット等でその意味を調べることができます。

大抵の場合はTeraStationに表示されているエラー番号に対応した作業を行えば
元通りに復元することができますが、
稀に復元できずにTeraStationが直らないことがございます。

そのような時は是非とも弊社のTeraStationデータ復旧サービスをご利用ください。

例えば、エラーとしてE23とE13・E23・I12のいずれかが共に表示されている場合、
エラーの内容をみると

 ハードディスクが故障しています。
 ハードディスクの交換と、RAID再構築をする必要があります。

となっています。

メーカーやTeraStationの規定しているHDDの故障と、
データ復旧業者の規定しているHDDの故障は意味合いが異なることがあるため、
上記のようなエラーが発生しているTeraStationからデータを取り出せる可能性は勿論ございます。

ただ、RAIDの再構築はデータ復旧を困難にする要因の一つであり、
再構築失敗によりRAID情報が壊れたり狂ってしまい、
データを取り出すことが不可能になることもございます。

過去の依頼を振り返ってみると、
障害発生後、あまり手を加えなかったTeraStationからはデータを取り出せることが多く、
何度も再構築を試したりHDDの交換を無闇に何度も行っている場合は
データ復旧不可になっていることが多いです。

そのため、データ復旧会社としては、障害が発生しているTeraStationにはあまり手を加えずに、
すぐに弊社にデータ復旧のご依頼を頂きたい所です。

弊社のデータ復旧費用は比較的安価であり、
RAID5であれば容量関係なしに157,500円の固定金額です。(論理障害時)
診断(データ取り出しの可否)は無料であり、
キャンセル時は復旧不可時はご返却の送料のみのご負担となります。

TeraStationのエラーでE23とE13・E23・I12のいずれかが共に表示されている場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

ホーム > NAS

検索
フィード
メタ情報

Return to page top