データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > IODATA ストレージデータ復旧

IODATA ストレージデータ復旧 Archive

PCからLANDISKにアクセスできないような時は

LANDISKのようなネットワークに接続するHDDは、
PCからの共有設定等、色々と難しい設定が必要になることがございます。

たまに問い合わせであるのは、
「1台だけLANDISKにアクセスできないPCがあるのですが、これはLANDISKの故障ですか?」
という内容です。

弊社はデータ復旧業者であるため、LANDISKが故障しているかどうかの判断はできかねますが、
上記の内容であればLANDISKの障害よりPC側の設定の問題の可能性が高いです。

ただ、どのPCからもアクセスできない、エラーランプが点灯している等がLANDISKに生じている場合は、
明らかにLANDISKの障害であるため、弊社にデータ復旧をご依頼ください。

LANDISKも様々なタイプがございますが、HDD1台のものからRAID5やRAID6を使用しているものまで、
弊社では様々なタイプのLANDISKのデータ復旧に対応しています。

HDD1台モデルのものであれば、データ復旧費用は52,500円の固定金額、
RAID5や6であれば、157,500円の固定金額となっております。

上記はあくまで論理障害等のHDD解体作業が必要のないタイプのデータ復旧費用になります。
解体作業・部品交換が必要な障害のデータ復旧費用は別途お見積りとなります。

ただ、LANDISKは基本的に定位置で使用するものであるため、
持ち運ぶことのある外付けHDDよりは障害内容も軽いものが多く、
データ復旧成功率も高くなっています。

LANDISKはデータ共有目的で使用されることが多いため、
保存されているデータも重要であることが多いと思います。
お困りの方は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

RAID崩壊発生 LANDISK HDL-gtシリーズ

RAID崩壊発生 LANDISK HDL-gtシリーズ

HDL-GTシリーズは、IODATAが販売しているネットワーク対応HDDです。
法人用に販売されており、1つの筺体の中にHDDが4台搭載された、
大容量・RAID使用可のネットワーク対応HDDです。

様々な用途・目的で使用可能であり、大変便利なHDL-GTシリーズのLANDISKですが、
精密機器ゆえに障害が発生することがあります。

障害が発生しても大抵の場合は対応する作業を行うことにより
元通りに直すことができますが、
稀にどうしても障害から復旧できないような状態になってしまうことがあります。

そのような時、メーカーサポートでは新しい部品と交換したり
HDDを全てフォーマットし再設定を行うことでLANDISKを再び使用できる状態にまでもっていきますが、
保存されていたデータは消えてしまいます。

また、個人でHDDを交換し、リビルドを行い、リビルドに失敗した場合もデータが消えることが多いです。

データが消えてしまっても、削除データ復旧という形でデータをお渡しできる可能性はもちろんありますが、
フォルダやファイル名等のディレクトリ情報が消えた状態でデータをお渡しするため、
希望するデータが正常に検出されているかどうかの判断が非常に難しく、
また、お客様にとっても確認が難しく手間がかかる状態でデータをお渡しすることになります。

そのような事態を防ぐためにも、HDL-GTシリーズに何らかの障害が発生した場合は、
可能な限り手を加えないで弊社にデータ復旧をご依頼ください。

結果論にはなってしまいますが、お客様が手を加えなければ元通りにデータ復旧ができたと
思われる事例は多数ございます。

弊社では、RAID5やRAID0、RAID6等は容量に関わらず論理障害であれば157,500円の
固定金額での対応となります。
綺麗に元通りの形でデータが出てきても、ファイル名等の情報がない拡張子別でのデータ検出となっても、
費用の変化はございません。
(データ復旧費用は、あくまで”データを取り出す作業”に対して発生します)

気軽に行ったお客様の対応でデータが完全に復旧不可になることも
RAIDならありえます。
そのため、障害が発生したらすぐに弊社にデータ復旧の問い合わせ・ご依頼をお願い致します。

LANDISK(ランディスク)データ復旧の価格

LANDISK(ランディスク)データ復旧の価格

ギガデータではLANDISK(ランディスク)のデータ復旧を行っています。
診断、データリスト送付、復旧成功時の送料、復旧データ30GB以内時の納品メディア等々、
各種無料メニューもございます。

LANDISK(ランディスク)はLANDISK Tera(ランディスクテラ)のような複数台のHDDを搭載したものも含めると、
様々な機種がございます。

HDDが複数台搭載されているLANDISK(ランディスク)は、RAID0,1,5,6等のRAIDシステムを使用することができますが、
使用するRAIDにより復旧作業の内容が若干変化するため、費用も変化します。

LANDISK(ランディスク)復旧費用としては、

HDD1台構成:52,500円

RAID1:84,000円
RAID0,5,6:157,500円
(全て税込、論理障害対応時)
上記のように、完全固定金額でのLANDISK(ランディスク)データ復旧となります。

LANDISKのデータ復旧が可能かどうかを判断する診断はもちろん無料でおこなっており、
キャンセル時はキャンセル料等は発生しません。

LANDISK(ランディスク)はRAIDを使用しているものも含めて、
“データの復旧が可能な状態であれば勿論データ復旧は可能”です。

弊社にはよく、
「他社でかなりの高額費用を見積もられたが、結局復旧不可と言われた」
という問い合わせや、逆に
「ギガデータさんより安くRAID5のデータ復旧を行っている所で復旧不可と言われた」
という問い合わせも来ます。

不思議なことに、上記のような問い合わせがあったRAIDを使用しているLANDISK(ランディスク)から
データを復旧できたことは多々ございます。
(ただ、RAID関係の情報が壊れすぎていたり、HDDが物理的に複数台完全に壊れている物などは復旧不可となります)

他社様の作業内容はわかりませんが、弊社は弊社のデータ復旧方法を考案しているため、
そういった理由で他社とは違った結果になるのかもしれません。

LANDISK(ランディスク)のデータ復旧でお困りの方は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

IODATA LANDISKが使用できない状態からデータ復旧

IODATA LANDISKが使用できない状態からデータ復旧

LANDISKはIODATAが販売しているネットワーク対応HDDで、
筺体の中にHDDが1台、2台、4台等、様々なバリエーションのLANDISKが販売されています。

それぞれのモデルにメリット・デメリットがありますが、
ネットワーク対応のため複数のPCから1台のLANDISKにアクセスできる、
データの共有目的で使用される方が多いと思います。

また、複数台のHDDが搭載されているモデルでは、RAID0,1,5,6等のRAIDが使用可能です。

RAIDを使用することにより、大容量化を図ったり信頼性を高めたりできるため、
目的に応じた使用方法が可能となります。

ただ、LANDISKはネットワーク対応やRAID対応等、複雑なシステムで動作しているため、
いきなり障害が発生し使用できないような状態になることも勿論ございます。
障害が発生しても、メーカーサポートに対応を仰ぐことで障害から復旧できることがほとんどですが、
中には修理を行うと中のデータが消失してしまうような障害が発生することも勿論ございます。

そのような時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

弊社では、LANDISKのようなネットワーク対応、RAID対応のHDDからデータを取り出すことが可能です。
もちろんデータが取り出せないレベルまで破損しているHDDからデータを取り出すことはできませんが、
そのような状態のLANDISKは滅多になく、大抵のものは復旧可能です。

費用も固定金額で対応しており、論理障害対応であれば復旧費用は

HDD1台:52,500円
RAID1:84,000円
RAID0,5,6:157,500円

上記の金額で対応しております。

データが取り出せるかどうかの診断は無料で行っており、
診断後にキャンセルしてもご返却の送料のみのご負担となります。

診断の期間も、機械が行う作業に関しては時間の短縮は難しいですが、
人間が行う作業に関しては効率化を図り短時間で終わるよう努めています。

障害により使用できない状態のLANDISKからデータを取り出したい方は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。




HDL-GTRのLANDISKからデータを取り出せない時のデータ復旧

HDL-GTRのLANDISKからデータを取り出せない時のデータ復旧

HDL-GTRシリーズは、1つの筺体の中にHDDが4台搭載されている、
RAIDを使用可能なファイルサーバー、ネットワ―ク対応HDDです。

大容量かつ高信頼性の使用方法が可能である点や、
複数台のPCで共有が可能であるため、
職場でよく使用されていると思います。

HDL-GTRのようなネットワーク対応HDDはデータ管理において
非常に良い点もあれば、悪い点もございます。

バックアップ意識が低い職場の場合、HDL-GTRの中だけに重要なデータを保存し、
HDL-GTRに障害が発生した時にそのデータを失うことになります。

もちろん元通りに直る障害もございますが、
中にはHDDをフォーマットしたり、複数台交換しなければ直らないこともございます。
その時、バックアップしていないデータは全て消えます。

弊社では、そのようなデータを失わなければ直らないHDL-GTRのようなLANDISKからデータを取り出す、
データ復旧サービスを行っております。
(障害対応前にご依頼ください)

障害発生後、新しく設定しなおすような操作をしていなければ、
高い確率でデータを元通りに取り戻すことが可能です。

気になる費用の方も、RAID5,6,0であれば容量関係なく157,500円の固定金額で対応しております。
物理障害の場合は上記の金額では対応できませんが、物理障害だと判明した時点でキャンセルして頂いても費用は特に発生しません。

大切なデータが保存されているネットワーク対応HDDだからこそ、
日々のバックアップが大切だと思いますが、
不幸が重なってしまい弊社のようなデータ復旧サービスを利用しなければならない時も
あると思います。

その時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。




LANDISK HDL-XRシリーズ アクセスできないRAID5からデータ復旧

LANDISK HDL-XRシリーズ アクセスできないRAID5からデータ復旧

最近販売されている法人向けLANDISKに、HDL-XRシリーズがございます。
新しい製品のため、大容量HDDが4台搭載されており、RAID5や6といった高信頼性の使用方法で運用することが可能です。

ただ、新しいと言っても初期不良はあるみたいで、
HDL-XRシリーズのLANDISKでもデータ復旧依頼はございます。

エラーの内容も昔からあるLANDISKと同じようなエラーが発生するため、
本当に運次第のようなものなのかもしれません。

データ復旧依頼の時にご注意頂きたいのは、作業を行うことによりメーカー保証対象外になる可能性があることです。
詳細はメーカーに問い合わせなければわかりませんが、その点に関してはご注意ください。

実際にデータ復旧サービスを経験された方ならご存知かもしれませんが、
データ復旧はお金がかかることが多いです。
HDL-○○シリーズのような、HDD4台構成でRAIDが組まれているものは、
必ず10万円以上、業者によっては更に上の費用になることが多いです。

しかし、弊社では、お渡しするデータの容量は関係なしに、
157,500円の費用で対応可能です(論理障害対応時)。

復旧できるかどうか、復旧可能であればどのようなデータが復旧できるかを調べる、
初期診断は無料で行っております。
また、その結果を受けてキャンセルされた場合も無料です。

どのようなHDDでも、実物を見て診断を行わなければ、
「復旧できる可能性はある」としかお伝えできません。

HDDの状態によって、復旧できたりできなかったりしますが、
その状態は実物を見なければ判断できませんので、
まずは初期診断をご依頼ください!




障害のあるHDL-GTシリーズ(LANDISK)のデータ復旧(データの取り出し)

障害のあるHDL-GTシリーズ(LANDISK)のデータ復旧(データの取り出し)

職場で使用されるLANDISKで多いものに、HDL-GTシリーズがございます。
HDDをカードリッジのように付け替えができるため、メンテナンスがしやすく、
人気のある機種であると思います。

また、HDDが4台搭載可能であり、RAID0,5,6,1+0等、種々のRAIDに対応しているため、
ある意味職場で使用するには最適なネットワーク対応HDDだと思います。

RAIDを使用しているため、信頼性が高いと思われます。
確かに信頼性は高いですが、筺体側にエラーが発生したり、RAIDを動かすためのシステムが壊れたりした場合、
HDL-GTにアクセスできなくなるため、データ復旧が必要となります。

弊社では、業界平均より比較的安価にデータ復旧サービスをご提供しております。

HDL-GTシリーズでは、RAID0,5,6,1+0等が使用できると先ほど記載しましたが、
上記であればどのRAIDでも論理障害対応は157,500円の固定金額で復旧しています。

安すぎて心配だと仰る方もいらっしゃいますが、
弊社ではこの価格が適正価格です。

確かに、一昔前は普通のHDDの論理障害対応でさえ数十万円の費用がかかっておりました。
しかし、技術の進歩や企業努力等により、現在では157,500円でご提供できるレベルにまで下がりました。

値下げができるのであれば最初から値下げした価格をご提示するため、
上記の費用が限界です。

どのようなデータが復旧できるのかを調べる、初期診断は無料です。
また、復旧不可や希望データ検出不可であれば、費用は一切頂きません。0円です。

診断にかかる時間はHDDの状態やデータ容量によって大きく変化するため、
一概に○時間でできるとお伝えすることは難しいですが、
100GB程のデータであれば即日~1日でご報告していることが多いです。

HDL-GTシリーズをお使いの方で、データ復旧が必要な方は、
是非とも弊社にご依頼ください!




hdl2-g1.0(2.0)のデータ復旧 アクセスできない状態

アクセスできない状態のhdl2-g1.0(2.0)のデータ復旧

hdl2-g1.0(2.0)は、筺体内にHDDが2台入っているネットワーク対応のHDDです。
合計1TBの場合は500GBのHDDが2台、2TBであれば1TBが2台入っています。

HDDが2台入っているため、RAID1かRAID0を使用することができます。

それぞれ特徴があるため、お客様の用途に応じて使い分けることが可能ですが、
信頼性の観点から考えるとRAID1にした方が良いと思われます。

ただ、信頼できるRAID1や、大容量を使用できるRAID0でも、突然のエラーや停電により
アクセスが不可能になることがあります。

アクセスできない状態に陥る原因は様々なものがあるため、
特定することは困難ですが、
HDDに保存されているシステムデータ等が壊れている場合は、
データを復旧できる可能性は比較的高いです。
復旧費用は、
RAID1・・・84,000円
RAID0・・・157,500円
上記の固定金額での対応となっております。
お渡しするデータ量では費用は変化しません。

また、稀に突然電源が落ちる等したときに、
HDD内の細かい部品が物理的に壊れることもございます。

その場合、重度物理障害となり、上記費用での対応はできません。
ただ、RAID1であれば同じデータの入ったHDDが2台あるあめ、
片方のHDDが生きていればデータを取り出せる可能性はございます。

診断やキャンセルは無料となっているため、
アクセスできない状態になってしまったhdl2-g1.0(2.0)のデータ復旧を希望される方は、
あまりご自分では触らずに、すぐに弊社へご依頼ください。

LANDISK RAID5のデータ復旧 (ドライブにアクセスできない状態)

RAID5が使用できるLANDISKの代表として、
HDL-GTシリーズ
HDL-XRシリーズ
等がございます。

RAID5は高信頼性をウリにしていることもあるため、
RAID5を使用している機器も中々故障しないと思われるかもしれませんが、
意外と故障するみたいです。

なぜなら、よくデータ復旧の問い合わせ、依頼が来るからです。

よくあるお問い合わせは、
・休日明けで職場にいったらLANDISKにアクセスできなくなった
・前日は使えていたのになぜかドライブにアクセスできない
・RAID5がRAID崩壊しているとでている
・停電後に使えなくなった
等々、いきなりLANDISKにアクセスできなくなってしまうことがあるみたいです。

サポートへ問い合わせすると、大抵はファームウェアのアップデートを指示されます。
それが成功すれば元通り使用できるみたいですが、
弊社へ依頼されるものはファームウェアのアップデータに失敗するものばかりです。

そうなると、弊社のようなデータ復旧業者の出番です。
依頼前にお客様の方で色々と作業をされている場合は
データを復旧できる確率は低くなりますが、
特に作業をしていない状態であれば、高い確率で復旧に成功しています。

また、RAID5の復旧費用は157,500円の固定金額での対応となります。

タイトルの「LANDISKのドライブにアクセスできない」ような状態でも
ひどい状態でなければデータ復旧させることができますので、
弊社にデータ復旧をご依頼頂ければ幸いです。




RAID5のTeraStation(テラステーション)の故障 PCからアクセスできない

・普通に使っていて
・引っ越し後
・電源ON/OFF後
・ファームウェア更新後

どのような状況でも、TeraStation(テラステーション)等のネットワーク対応HDDは故障することがあります。

わかりやすい症状として、
・PCからアクセスできない
・PCから見えない、認識されない
というものがあります。

エラーランプを見れば大体の状態は把握できますが、
データ復旧依頼で来るTeraStationを見ている限り、
エラーランプが示す内容と、本当の障害の内容が異なることがございます。

故障すると、まずはメーカーのサポートへ問い合わせると思いますが、
サポートの指示通りの対応をしてもTeraStationが直らない場合は、
・サポートへ送って修理(データは消える)
・データ復旧会社へデータ復旧依頼
どちらかの対応になると思います。

データ復旧サービスを何度も利用するような方はあまりいらっしゃらないと思いますので、各会社で何が違うのかを比較することは難しいと思いますが、
弊社の特徴としては
・費用が安い
・対応が速い
上記が挙げられます。
また、他社で高額過ぎる見積もりを出されたTeraStationを、
157,500円という低価格で対応できているので、
高い費用が発生するTeraStationのデータ復旧を低価格で行える技術力があるとも言えます。

TeraStationデータ復旧依頼のほとんどが上記の
・PCからアクセスできない
・PCから見えない、認識されない
という症状が発生しているものであり、
高確率でデータ復旧に成功しています。

ただ、どうしても復旧できないような状態になっているTeraStationもあるため、確実に復旧できるとは言い切れません。

復旧できるかどうかを調べる診断は無料で行っており、
論理的な作業で復旧できれば157,500円の定額で対応しているため、
費用が不透明な他社に比べ依頼しやすいのも特徴です。

PCからアクセスできないような症状が発生しているTeraStationから、
データ復旧を考えているお客様は、是非とも弊社にご依頼ください!




LinkStationのデータ復旧事例その2(I11発生)

LinkStationやTeraStationでは、エラーが発生するとランプの点灯により
エラーの内容を教えてくれるものがあります。

エラーの内容と実際に生じている障害が異なることもそれなりにございますが、
データ復旧の診断を行う際にどのようなエラーコードが表示されていたかを知ることができれば、
診断を行いやすくなります。

先日、「I11」というエラーが発生しているリンクステーションが弊社に到着しました。
I11の内容は、公式によれば

ハードディスクの不良セクタが危険な範囲に達する可能性があります。

という内容です。

本当なのかな?と思いつつHDDの診断を行った所、
不良セクタの発生が確認され、不良セクタでシステムデータが読み取れない状態になっていました。
また、普段の保存データの領域にも不良セクタが存在しており、
残念ながら100%のデータを取り出すことはできませんでした。

しかしながら、ご希望のデータは幸いにも全て不良セクタに被らずに検出ができており、
全てのデータではありませんが、無事にデータをお渡しすることができました。

不良セクタは必ず発生するものであり、増え方も爆発的に増えることがございますので、
診断中も中々油断できません。

先ほどのご依頼も、他社で希望データが一部検出できなかった+費用が高いとの理由で他社の診断をキャンセルした後の、
2度目の診断だったため、正直な所希望データが検出できるとは思っていませんでした。

弊社の手法が良かったのか、希望データを検出することができた安心しました。

復旧費用は、1台構成のHDDでケースなしの状態であったため、
52,500円のご請求となりました。
費用も無事予算内に収まったとのことで、満足して頂けました。
元々定額の復旧費用のため、会社から承認をとりやすくてありがたいとのお言葉も頂きました。

不良セクタは中々発生を防げるものではないため、不良セクタが原因の障害が発生していHDDは
沢山送られてきます。
不良セクタが希望データ部分に重なっていた場合、そのデータを取り出すことは不可能ですが、
重なっているかどうかは診断を行わなければわかりません。

そのため、不良セクタが原因と思われる症状が発生した場合でも
諦めずに初期診断をご依頼ください。




予期せぬ障害への備えにバックアップを

データ復旧を仕事にしている私が言うのも変ですが、
データのバックアップは非常に大切です。

仕事・プライベート関わらず、office系ファイルやメールデータ、
写真、音楽等々、
失いたくないデータは誰にでもあると思います。

弊社に来るデータ復旧依頼も、大半が
「このデータがなければ仕事が進まない・・・!!」
「子供が生まれてからずっと撮ってきた写真なんです・・・!!」
という内容になっています。

仕事関係のファイルであれば、再び作り直すことは可能かもしれませんが、
作り直す時間を考えると無駄な工数が発生してしまいますね。
プライベートな写真データであれば、二度と同じデータは手に入りませんね。

HDDは消耗品ですので、いつかは必ず壊れてします。
HDDが壊れてしまうと、データ復旧によってデータを取り戻せることもございますが、
多額の費用が発生してします。

・HDDは何時の日か必ず壊れる
・データ復旧には多額の費用が必要

上記2点は明白ですので、私としては、今すぐにでも外付けHDDを2台購入することをお勧めします。

PCの容量が切迫してきたから、外付けHDDにバックアップしよう!
と、外付けHDDを購入し、データのバックアップを取られる方は増えていると思いますが、
PCにも同じデータがなければ、バックアップにはなりません。
データを移動しただけです。

大切なデータが外付けHDDにしか存在しないのであれば、
そのHDDが壊れてしまったら大変なことになります。

そのため、PCと外付けHDDに同じデータが入っている状態が望ましいですが、
欲を言えばもう1台外付けHDDを用意して、
外付けHDD2台とも同じデータを保存するようにしましょう。

外付けHDD2台に同じデータを保存しておけば、
両HDDが同時に壊れることはほとんどないため、
大切なデータを失う確率はぐんと低くなります。

更に、PC内にも同じデータを保存しておけば、
データを失う確率はより低くなります。

このように、複数箇所に同じデータをバックアップしておくことで、
不測の事態に備えることができます。

また、市場にはRAID1という、上記の「2台のHDDに同じデータを保存する」という作業を自動で行うシステムがあるため、
そういったものを使用するのも良いと思います。

バックアップが大切なのはわかってるけど、
準備するのがめんどくさい・・・と思っている方、
これを期にバックアップを始めてみてはいかがでしょうか。




データが消える原因は? その3 何故かデータがない・・・

お問い合わせの電話の中で、
「何もしてないのにデータが消えた」
「保存してあるはずなの、データがない」
という内容を聞くことがございます。

確かに、保存してあるはずのデータがいきなり見えなくなっている、
消えていたらびっくりしますよね。

これにもちゃんとした理由があります。

~データが消える原因~
【何故かデータがない・・・】

先日の説明の中で、データ保存は本のように【目次】と【内容】にわかれている、と説明しました。

何らかの障害によってこの目次の部分が壊れてしまうと、
タイトルのような「何故かデータがない」という状態になります。

もちろん、目次が壊れているだけですので、実際のファイルの中身は無事であることが多いです。

ただ、目次の壊れ具合によっては、ファイル名やフォルダ情報が破損した状態で
データが検出されてしまう、所謂拡張子別の検出になってしまいます。

あくまで経験上ではございますが、
HDDよりも、SDカード等のフラッシュメモリタイプの記録媒体に
このような障害が多い気がします。
(統計をとったわけではないので、信頼性は全くないです・・・)

また、HDDよりもフラッシュメモリタイプの記録媒体の方が、
データを綺麗に復旧できる確率が低いかな?と思います。

これは、HDDとフラッシュメモリのデータ記録方法の違いに
原因があるのかな?と思っていますが、
症状やその度合いによってデータ復旧結果は大きく変化するので、
一概に○○が良い!!とは言い切れないのかもしれません。

保存しているデータの【目次】が壊れると、中に保存されているデータが見えなくなるのは先ほど説明しましたが、
この【目次】を壊さないようにするのは難しいかもしれません。

中々壊れるものではないと思いますが、
精密機器ですので小さなエラーの積み重なりや
思いもよらない理由で壊れることはございます。

壊れてしまうと、やはりデータ復旧が必要になり、お金が必要となりますよね。
データ復旧に払う金額より、外付けHDDを1台買った方が安上がりだと思いますので、
念入りなバックアップとしてもう1台外付けHDDを購入されることをお勧めします。

【データ復旧】TeraStationが認識されなくなった

TeraStation(テラステーション)やLANDISK Tera(ランディスクテラ)のような、
HDDが4台入っておr、RAID5等の高信頼性なデータ保存を行えるストレージが
近年大切なデータを扱うオフィス等で使用されるようになってきます。

確かにRAID5は高信頼性であり、弊社にデータ復旧を依頼されるお客様の中でも、
「これを機にTeraStationのような、RAID5で使用できるものに変えます」
という話をされるかたも大勢いらっしゃいます。

しかしながら、RAID5のデータ復旧依頼や問い合わせは頻繁に来ます。

この事実をお客様にお伝えすると、みなさん「えっ!」と驚かれますが、
事実です。

一番多い症状はやはり、「認識されなくなった」

サポートに問い合わせると、「ファームウェアのアップデートを行ってください」
と指示されることが多いらしいですが、それが失敗するような場合はデータ復旧業者に復旧依頼を出さなければなりません。

ここでご注意頂きたいのは、RAIDのシステムに関係のあるような部分は絶対に触らないで頂きたい、
ということです。

何かの拍子でRAID5からRAID01等に再構築してしまう方も、僅かながらいらっしゃいます。

そのため、より高復旧率でのデータ復旧をご希望であれば、
絶対にHDDやシステムには触れないでください。

弊社では、診断のステップは2つあり、
1ステップ目は、論理的な障害かどうかを調査します。
物理的な障害のように見えるものでも、実は論理障害だったということが多いです。
論理障害対応であれば、容量問わず157,500円の固定金額での対応となります。

論理障害ではないことが判明した場合、2ステップ目の物理障害対応になります。
容量によって費用は変化しますが、論理障害対応より費用は高くなるため、
論理障害対応での費用で復旧できないならキャンセルする、という方もいらっしゃいます。

診断およびキャンセルは無料で行っておりますので、
お気軽にお問い合わせ・ご依頼ください。

他社・PCショップの診断で、復旧不可と言われたHDDについて

よくあるお問い合わせで、

「実は他社で一度診断をしてもらって、復旧不可と言われたんです」
「PCショップに持っていったら、重度物理障害と言われたんです」

という内容のものがよくございます。

他社やPCショップがどのような診断を行っているのかがわからないため、
他社では復旧不可・重度物理障害だと判断されたものでも、
弊社では復旧可能、重度ではない物理障害だったことがよくあります。
もしかすると、その逆もあるかもしれません。

しかし、本当に重度な物理障害である時もあるため、
やはり実物を見てみなければ何とも言えない部分が多いです。

また、弊社ではまずありえませんが、
“時間がかかるからとりあえず重度物理障害ということにしてキャンセルしてもらおう”
“よくわからないから復旧不可でいいや”
ということをしている会社もあるかもしれません。(あってほしくないですが・・・)

他社やPCショップで一度診断されたものでも、
HDD自体を解体されていないのであれば、弊社で診断を行い、
診断結果をお伝えします。
診断はもちろん無料です。

診断の結果、弊社で対応できるものであればHP記載の通りの価格での対応となりますし、
本当に重度物理障害であれば、提携先のご案内を行います。

弊社からお客様にデータを渡さない限り費用は発生しませんので、
他社やPCショップ等で診断されたものでもお気軽にご依頼ください。




ホーム > IODATA ストレージデータ復旧

検索
フィード
メタ情報

Return to page top