データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > IOデータのNAS

IOデータのNAS Archive

PCからLANDISKにアクセスできないような時は

LANDISKのようなネットワークに接続するHDDは、
PCからの共有設定等、色々と難しい設定が必要になることがございます。

たまに問い合わせであるのは、
「1台だけLANDISKにアクセスできないPCがあるのですが、これはLANDISKの故障ですか?」
という内容です。

弊社はデータ復旧業者であるため、LANDISKが故障しているかどうかの判断はできかねますが、
上記の内容であればLANDISKの障害よりPC側の設定の問題の可能性が高いです。

ただ、どのPCからもアクセスできない、エラーランプが点灯している等がLANDISKに生じている場合は、
明らかにLANDISKの障害であるため、弊社にデータ復旧をご依頼ください。

LANDISKも様々なタイプがございますが、HDD1台のものからRAID5やRAID6を使用しているものまで、
弊社では様々なタイプのLANDISKのデータ復旧に対応しています。

HDD1台モデルのものであれば、データ復旧費用は52,500円の固定金額、
RAID5や6であれば、157,500円の固定金額となっております。

上記はあくまで論理障害等のHDD解体作業が必要のないタイプのデータ復旧費用になります。
解体作業・部品交換が必要な障害のデータ復旧費用は別途お見積りとなります。

ただ、LANDISKは基本的に定位置で使用するものであるため、
持ち運ぶことのある外付けHDDよりは障害内容も軽いものが多く、
データ復旧成功率も高くなっています。

LANDISKはデータ共有目的で使用されることが多いため、
保存されているデータも重要であることが多いと思います。
お困りの方は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

認識しないhdl-sシリーズのLANDISKからデータを復旧

近年、HDDの低価格化等により、ネットワーク対応HDD(NAS)が普及し始めています。
IO-DATA製のNASはLANDISKという名称ですが、様々なシリーズがあり、
家庭や小規模のオフィスで使用される場合はhdl-sシリーズのようなシンプルな構成のNASが使用されていると思われます。

複数台のPCで1台のHDDを共用できるという、言葉にすると簡単ですが、
実際は複雑なシステムで動作しているため、
電源のON/OFF(停電等も含む)だけでアクセスできない/認識されないような障害が発生することがあります。

大抵はメーカーのサポート等で元通りに直ることが多いですが、
メーカー修理の場合HDD内に保存されているデータは全て消えることが多いです。

データが大切なのか、それともLANDISKの機能が大切なのかはお客様次第ですが、
保存されているデータの方が大切な方はメーカー修理前に弊社にデータ復旧をご依頼ください。

hdl-sシリーズのLANDISKであれば、HDD内の部品が壊れているような重度物理障害ではない限り
52,500円の固定復旧費用でのデータ復旧を行っています。
データを取り出せるか調査する診断は無料で行っており、診断後のキャンセルも無料です。

暗号化等の特殊な条件を除けば、弊社は完全に固定金額でデータ復旧を行っているため、
費用面は安心してご依頼頂けると思います。

hdl-sシリーズは普及台数も多いためか、様々な障害が発生した状態で
弊社にデータ復旧依頼が来ます。
HDDの状態によっては完全にデータ復旧が不可能なものもございますが、
NASは基本的に1か所に置いて使用するものであるため、倒したや落としたような物理的な障害原因は少なく、
通常の外付けHDDに比べるとデータ復旧成功率は高めとなっています。

お困りの方は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

HDL-CシリーズのLANDISKにアクセスできない状態

LANDISKはIO-DATA社が販売しているネットワーク対応HDDですが、
最近では職場だけではなく家庭でも使用されることが多くなってきました。

昔と違い、複数台のパソコンを所有する家庭が増えたこともあり、
パソコン間でのデータのやり取りの効率性を考えると
HDL-Cシリーズのような比較的安価なネットワーク対応HDDを家庭に導入するのも良策だと思われます。

しかしながら、HDL-Cシリーズのようなネットワーク対応HDDは、想像以上に複雑なシステムで動作しているため、
電源をON/OFFするようなふとした操作でも障害が発生することがあります。

障害が発生するとHDL-Cにアクセスできなくなりますが、
もちろん修理により再利用することは可能です。

しかしながら、障害の内容によっては修理により保存データが全て消えてしまうことがございます。

ネットワーク対応HDDとしての機能を優先するか、保存されているデータを優先するかはお客様次第ですが、
保存データをどうしても取り出したい方は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

HDL-CシリーズのようなHDDが1台で構成されているネットワーク対応HDDの場合、
データ復旧費用は52,500円での固定金額での対応となります。

HDD内の部品が壊れているような重度物理障害の場合は上記費用での対応はできませんが、
国内の弊社提携先にて、業界平均より低めの復旧費用でデータ復旧を行うことも可能です。

お客様の環境で全くアクセスできないような状態でも、
弊社の解析機器にてデータをHDD内から取り出せたことは多々ございます。

そのため、どのような症状が発生しても諦めず、弊社にデータ復旧をご依頼ください。

瞬電によるLANDISK障害に対するデータ復旧

HDD

LANDISKのような常時電源を付けっ放しにするHDDは、
瞬電や停電など、突然の電源遮断に極端に弱い傾向があります。

「パソコンはシャットダウンメニューを選んで電源を落としましょう」
と言われるのは、PCにもHDDが使用されており、
電源ボタンを押すことによる突然の電源遮断によりHDDが壊れてしまう可能性があるからです。

これはもちろんLANDISKのようなHDD、というよりもデータをやりとりするような機器に言えることで、
データの読み書きを行っている時に電源を遮断することにより、致命的な障害が発生することがあります。

弊社にもよく瞬電や停電の復旧後にHDD(LANDISK)等が認識されなくなったという問い合わせがあります。

LANDISKのような複数人でデータを共有しているファイルサーバーになると、
使用できなくなるだけでも大問題です。

メーカーへ修理を依頼すれば、LANDISK自体は再利用できるように返却されますが、
大抵の場合HDDの中のデータは消えてしまいます。

データをどうしても取り出したい方は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

瞬電のような電気的異常により障害が発生したLANDISK等は、システムに関する部分にエラーが発生していることが多く、
普段使用するようなデータは無事に取り出せることが非常に多いです。

そのため、大抵の場合は重度物理障害のようなHDDを解体する作業は必要なく、
弊社が提供している低価格データ復旧の対象内となっております。

LANDISKも様々な種類がありますが、
 HDD1台構成:52,500円
 RAID1:84,000円
 RAID0,5,6:157,500円
上記のように、容量に関係なく使用方法で費用が変化します。

また、電気的障害の場合は稀に回路の断線や部品の故障を引き起こし、
重度物理障害対応がどうしても必要となることがございます。
数は少ないものの、ある/ないで言えばあります。
重度物理障害の復旧費用は流石に上記に記載の金額よりは高くなりますが、
弊社では業界平均より安い価格で対応が可能です。

瞬電や停電によりLANDISKに障害が発生した場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!




LANDISK(ランディスク)データ復旧の価格

LANDISK(ランディスク)データ復旧の価格

ギガデータではLANDISK(ランディスク)のデータ復旧を行っています。
診断、データリスト送付、復旧成功時の送料、復旧データ30GB以内時の納品メディア等々、
各種無料メニューもございます。

LANDISK(ランディスク)はLANDISK Tera(ランディスクテラ)のような複数台のHDDを搭載したものも含めると、
様々な機種がございます。

HDDが複数台搭載されているLANDISK(ランディスク)は、RAID0,1,5,6等のRAIDシステムを使用することができますが、
使用するRAIDにより復旧作業の内容が若干変化するため、費用も変化します。

LANDISK(ランディスク)復旧費用としては、

HDD1台構成:52,500円

RAID1:84,000円
RAID0,5,6:157,500円
(全て税込、論理障害対応時)
上記のように、完全固定金額でのLANDISK(ランディスク)データ復旧となります。

LANDISKのデータ復旧が可能かどうかを判断する診断はもちろん無料でおこなっており、
キャンセル時はキャンセル料等は発生しません。

LANDISK(ランディスク)はRAIDを使用しているものも含めて、
“データの復旧が可能な状態であれば勿論データ復旧は可能”です。

弊社にはよく、
「他社でかなりの高額費用を見積もられたが、結局復旧不可と言われた」
という問い合わせや、逆に
「ギガデータさんより安くRAID5のデータ復旧を行っている所で復旧不可と言われた」
という問い合わせも来ます。

不思議なことに、上記のような問い合わせがあったRAIDを使用しているLANDISK(ランディスク)から
データを復旧できたことは多々ございます。
(ただ、RAID関係の情報が壊れすぎていたり、HDDが物理的に複数台完全に壊れている物などは復旧不可となります)

他社様の作業内容はわかりませんが、弊社は弊社のデータ復旧方法を考案しているため、
そういった理由で他社とは違った結果になるのかもしれません。

LANDISK(ランディスク)のデータ復旧でお困りの方は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

IODATA LANDISKが使用できない状態からデータ復旧

IODATA LANDISKが使用できない状態からデータ復旧

LANDISKはIODATAが販売しているネットワーク対応HDDで、
筺体の中にHDDが1台、2台、4台等、様々なバリエーションのLANDISKが販売されています。

それぞれのモデルにメリット・デメリットがありますが、
ネットワーク対応のため複数のPCから1台のLANDISKにアクセスできる、
データの共有目的で使用される方が多いと思います。

また、複数台のHDDが搭載されているモデルでは、RAID0,1,5,6等のRAIDが使用可能です。

RAIDを使用することにより、大容量化を図ったり信頼性を高めたりできるため、
目的に応じた使用方法が可能となります。

ただ、LANDISKはネットワーク対応やRAID対応等、複雑なシステムで動作しているため、
いきなり障害が発生し使用できないような状態になることも勿論ございます。
障害が発生しても、メーカーサポートに対応を仰ぐことで障害から復旧できることがほとんどですが、
中には修理を行うと中のデータが消失してしまうような障害が発生することも勿論ございます。

そのような時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

弊社では、LANDISKのようなネットワーク対応、RAID対応のHDDからデータを取り出すことが可能です。
もちろんデータが取り出せないレベルまで破損しているHDDからデータを取り出すことはできませんが、
そのような状態のLANDISKは滅多になく、大抵のものは復旧可能です。

費用も固定金額で対応しており、論理障害対応であれば復旧費用は

HDD1台:52,500円
RAID1:84,000円
RAID0,5,6:157,500円

上記の金額で対応しております。

データが取り出せるかどうかの診断は無料で行っており、
診断後にキャンセルしてもご返却の送料のみのご負担となります。

診断の期間も、機械が行う作業に関しては時間の短縮は難しいですが、
人間が行う作業に関しては効率化を図り短時間で終わるよう努めています。

障害により使用できない状態のLANDISKからデータを取り出したい方は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。




Landisk windows7のパソコンからアクセスできない

Landisk windows7のパソコンからアクセスできない

今までWindowsXPが職場で使用されているメインのパソコンでしたが、
最近はWindows7が増えてきているそうです。

それに伴い、XPではできたけど7では何故かできないことも発生するみたいです。

LANDISKのようなネットワ―ク対応HDDを使用されている職場で、
Windows7のパソコンからのみLANDISKにアクセスできないこともあるようで、
会社の技術者さん達は色々と苦労されているのではないでしょうか。

Windows7だけアクセスできないのであれば、ポートの問題等が考えられますが、
全てのパソコンからアクセスできなくなったり、エラーランプが点灯した際は、
LANDISK本体の障害が考えられます。

HDDが1台だけ故障しているのであれば、それを交換しリビルドすることで復活しますが、
LANDISKの筺体側が壊れていたり、2台以上のHDDが同時に壊れてしまったりと、
障害の原因は様々なものがございます。

弊社では、そのような障害が発生しているLANDISKからデータを取り出す、
データ復旧サービスを提供しています。

RAID5の復旧成功率は、PCのHDDや外付けHDD等に比べると高く、
大抵のものは復旧可能です。

また、論理障害であれば復旧費用も157,500円と完全固定金額で対応しています。

勿論復旧できないこともございますが、その時はご返却送料のみのご負担で、
他の費用は一切発生しません。

データを取り出せるかどうかの初期診断は無料で行っておりますので、
LANDISKに障害が発生した時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。




HDL-GTRのLANDISKからデータを取り出せない時のデータ復旧

HDL-GTRのLANDISKからデータを取り出せない時のデータ復旧

HDL-GTRシリーズは、1つの筺体の中にHDDが4台搭載されている、
RAIDを使用可能なファイルサーバー、ネットワ―ク対応HDDです。

大容量かつ高信頼性の使用方法が可能である点や、
複数台のPCで共有が可能であるため、
職場でよく使用されていると思います。

HDL-GTRのようなネットワーク対応HDDはデータ管理において
非常に良い点もあれば、悪い点もございます。

バックアップ意識が低い職場の場合、HDL-GTRの中だけに重要なデータを保存し、
HDL-GTRに障害が発生した時にそのデータを失うことになります。

もちろん元通りに直る障害もございますが、
中にはHDDをフォーマットしたり、複数台交換しなければ直らないこともございます。
その時、バックアップしていないデータは全て消えます。

弊社では、そのようなデータを失わなければ直らないHDL-GTRのようなLANDISKからデータを取り出す、
データ復旧サービスを行っております。
(障害対応前にご依頼ください)

障害発生後、新しく設定しなおすような操作をしていなければ、
高い確率でデータを元通りに取り戻すことが可能です。

気になる費用の方も、RAID5,6,0であれば容量関係なく157,500円の固定金額で対応しております。
物理障害の場合は上記の金額では対応できませんが、物理障害だと判明した時点でキャンセルして頂いても費用は特に発生しません。

大切なデータが保存されているネットワーク対応HDDだからこそ、
日々のバックアップが大切だと思いますが、
不幸が重なってしまい弊社のようなデータ復旧サービスを利用しなければならない時も
あると思います。

その時は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。




データ復旧が不可能な状態 RAID編

データ復旧が不可能な状態 RAID編

TeraStation(テラステーション)やLANDISK(ランディスク)のような、
RAID0,1,5,6等が使用できる大型のネットワ―ク対応HDDは、
個人よりも法人でよく使用されていると思います。

ネットワーク対応HDDは複数のPCで共有が可能であるため、
各個人のデータや仕事の共有データ等、大切なデータが保存されているでしょう。

ただ、精密機器ですので、必ずいつかは壊れます。

壊れた時にデータ復旧サービスでデータを取り出せることは多いですが、
それはあくまで”取り出せる状態”である時のみです。

HDD内にデータが存在しなければ取り出せませんし、
データを記録しているプラッタに傷が入れば復旧は非常に難しいものになります。

RAID0,5,6は、複数台のHDDに1つのデータを分割して保存するため、
壊れた後のお客様の対応により復旧ができなくなることがございます。

○RAID0の場合
HDD2台構成のRAID0の場合、1つのデータは2台のHDDに分割して保存されます。
つまり、両HDDに正常な形でデータが残っていなければ、復旧は非常に難しく、
場合によっては復旧不可となります。

過去にあった事例は、
1.ファームウェアを更新したらデータが全部消えた
2.RAID0の再設定を行えばデータが蘇ると思い、再設定
3.案の定消えたままだったため、そのまま最大保存容量近くまでデータを保存
4,ファームウェア更新前のデータが必要になり、データ復旧を希望
というものです。

1の段階でディレクトリ情報ありの状態でのデータ復旧は厳しくなると思われますが、
3.のデータ保存により過去のデータは全て上書きされてしまい復旧は不可能になりました。

○RAID5,6の場合
HDD4台構成の場合、分割したデータ+パリティをそれぞれ保存するため、
比較的自分での復旧が簡単なものになります。
しかし、ディスクの順番を間違えて入れた後にリビルドを行ったり、
筺体エラーが発生しているのにひたすら何かしらの操作を続けたりすることにより、
分割されたデータが消失したり、HDDが2台(3台)以上壊れたりすることで
データが復旧できないようになってしまいます。

障害発生後にお客様での操作が少なければ少ないほどデータを復旧できる可能性は高いです。

お金をかけずにデータを取り戻せればそれに越したことないですが、
取り戻そうとして永久に取り返せなくなる時もございます。
その判断はお客様しかできませんので、熟考頂いた上で対応をお願いします。




TeraStationのランプ点灯によりTeraStationにアクセスができない

TeraStationのランプ点灯によりTeraStationにアクセスができない

TeraStationを使用していると、エラーランプが点灯することが稀にございます。
大抵の場合はTeraStation付属のマニュアルやメーカーサポートにより、TeraStationの異常を直すことができますが、
稀にどのような操作を行ってもTeraStationの異常が直らない時がございます。

メーカーサポートにてTeraStationの修理を行えば、TeraStationの機能は復活しますが、
多くの場合中のデータは消えてしまいます。

TeraStationは複数人で1台のHDDを共有するものですので、TeraStation内に大切なデータが保存されていることが多いと思います。
TeraStationの機能より、中のデータの方が大切だという方は、是非とも弊社のTeraStationデータ復旧サービスをご利用ください。

既存のTeraStationデータ復旧サービスは、
・費用が不鮮明
・1週間以上の時間がかかる

等の問題から、どの業者に頼むのが最適なのか非常に悩みどころの多いものだったと思います。

しかし、弊社のTeraStationデータ復旧サービス(RAID5,6,0等)は、
・論理障害であれば復旧費用は157,500円の完全固定金額
・100GB未満のデータ容量であれば、1,2日で納品が可能
となっております。

ただし、復旧できるかどうかや、データお渡しまでの時間は、
ファイル数やHDDの状態により大きく変化します。

過去に、容量50GBのデータをTeraStationのから取り出すのに、1週間程度時間がかかったこともございました。
その逆で、即日でお渡しできたこともございます。

ただ、診断中は逐次連絡を行いますので、
 「TeraStationデータ復旧を依頼して1週間音沙汰がない・・・」
みたいなことには絶対になりません!!!

様々な業者がTeraStationのデータ復旧サービスを行っておりますが、
どの業者に依頼するかお悩みのお客様は、是非とも弊社にTeraStationデータ復旧をご依頼ください!




アクセスできないRAID6からデータを取り出す(データ復旧)

アクセスできないRAID6からデータを取り出す(データ復旧)

RAID6は、RAID5で作成されていたパリティとは別にもう一つパリティを作成し、
パリティ2つでデータを管理する、比較的最近使用されるようになってきた信頼性の高いRAIDシステムです。

HDD4台でRAID6を構成している場合、HDD2台分の容量しか使えなくなるため、
HDD1台あたりの容量が低かった以前では、あまり使用されていませんでした。
しかし、近年HDDの大容量化が進んだため、HDD2台分しか容量が使えなくても、
十分なパフォーマンスを発揮できるようになってきています。

そのため、最近TeraStationやLinkStationを購入された方は、RAID6で使用されている方も多いのではないでしょうか。

RAID6使用者が増えたためか、最近ではRAID6のデータ復旧依頼が増えてきました。

障害内容やHDDの状態にもよりますが、RAID6は比較的高確率でデータを復旧できています。

費用も、RAID5と変わらない157,500円での対応となっており、
多くのお客様に弊社のデータ復旧サービスをご満足いただけております。

ただ、中にはHDD4台中3台が完全に壊れてしまっていてデータが復元できないものや、
保存されているデータが壊れていたり、RAID情報が壊れているものもございます。

全てが復旧できるというわけではございませんが、
障害発生後にお客様の方で特に操作をされなければ、データを取り出せる可能性は高いです。

データを取り出せるかどうかを調べる初期診断は無料となっておりますので、
RAID6のHDDでデータを取り出したいお客様は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!!




認識しなくなったLANDISKに処置をしても直らない時はデータ復旧を!

認識しなくなったLANDISKに処置をしても直らない時はデータ復旧を!

LANDISKのような複雑なシステムで動いているネットワーク対応HDDは、
みなさんの予想以上に繊細です。
停電で故障することもあれば、電源のON/OFFで故障することもあるみたいです。

そのように、LANDISKに障害が発生すると、PCからは認識できなくなります。
いくつか処置を行うことで直ることもありますが、
下手するとデータが全部消えてしまうこともあります。

また、どうしても直らない時はメーカーのサポートで修理もできますが、
その場合データは完全に消えてしまうことが多いです。

データの方が大切か、LANDISKの機能の方が大切かはお客様次第ですが、
データを取り戻したいという方は、是非とも弊社にデータ復旧を御依頼ください。

絶対にデータを取り出せるとお約束するものではございませんが、
10台中9台はほぼ全てのデータを取り出すことができています。

データを取り出せるか取り出せないかは、技術力も多少は関係しますが、
それ以上にHDDの状態に依る所が大きいです。

保存データが欠損していなければデータは正常に出てきますし、
保存データが壊れていれば勿論壊れた状態で出てきます。
また、データが存在しなければ検出することは不可能です。

どのような状態でHDD内にデータが保存されているかは、
LANDISKに発生している症状や、障害が発生した後のお客様の操作により
大きく変化するため、診断を行わなければデータを取り出せるかはわからないことが多いです。

データを取り出せるかどうかの診断は無料で行っています。
また、LANDISKに発生している障害が論理的なものであれば、
157,500円の固定金額でのデータ復旧を行っております。
(RAID5やRAID6の場合)

診断に要する期間も、データ容量が数十GBであれば即日~1日と、比較的短時間で結果をお伝えすることができます。

費用は先払いとなりますが、希望データのみを先に納品する特急対応も行っております。

様々な処置を行っても直らないLANDISKからデータを取り出したい方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!!




ランプが全点灯しているHDL-GTシリーズ(ランディスク)からのデータ復旧

ランプが全点灯しているHDL-GTシリーズ(ランディスク)からのデータ復旧

LANDISK(ランディスク)の代表格であるHDL-GTシリーズは、
職場の小~中規模のグループや部署等でよく使われているネットワーク対応HDDです。

昔に比べ比較的安価にこういったHDDを使用することが可能になってきているため、
データの共有やバックアップといった目的で使用されているかが多数だと思われます。

また、HDD4台構成のため、各種RAIDが使用可能です。
RAIDはデータ保存の信頼性や総容量を劇的に変化させる、便利なシステムです。

LANDISK(ランディスクでは)高信頼性であるRAID5を使用されている方が多数ですが、
それはあくまでHDDの信頼性であり、LANDISK筺体側や、RAIDを動かすためのシステムの信頼性ではございません。

信頼性の高いRAIDが使用されているLANDISKでも、データ復旧依頼は来ます。

その内容は、「ランプが全点灯している(RAID崩壊でしょうか?)」といった内容が多いです。

RAID崩壊が生じる原因は様々なものがございますが、
その一因には筺体側のエラーがあります。
LANDISKは大きくわけると
・HDD
・筺体(ケース)
の2つにわけることができます。
筺体もデータ処理を行っているため、筺体側でエラーが発生し、
その影響を受けてHDDに障害が発生する、ということも勿論あります。

そうなった場合、お客様の方でデータを取り戻すのは不可能に近く、
メーカーサポートで修理をする(データを諦める)か、データ復旧業者に依頼してデータを取り出すしかないと思います。

ただ、RAIDのデータ復旧は作業内容が難しい時が多く、
費用も外付けHDD等に比べると高くなることが多いです。

弊社でもRAID対応の復旧費用は外付けHDDに比べると高いですが、
RAID5,0,6対応で論理障害の場合は、157,500円の固定金額で対応しております。

157,500円だけで見ると、「高い復旧費用だなぁ」と思われるかもしれませんが、
他の業者様と比べて頂くと、その安さがわかると思います。

安いからといって技術レベルが落ちるわけではなく、
他社で高額請求されたものでも157,500円で対応できたことが多々ございます。

データを取り出せるかどうかの診断は無料で行っておりますので、
是非ともご依頼ください!




障害のあるHDL-GTシリーズ(LANDISK)のデータ復旧(データの取り出し)

障害のあるHDL-GTシリーズ(LANDISK)のデータ復旧(データの取り出し)

職場で使用されるLANDISKで多いものに、HDL-GTシリーズがございます。
HDDをカードリッジのように付け替えができるため、メンテナンスがしやすく、
人気のある機種であると思います。

また、HDDが4台搭載可能であり、RAID0,5,6,1+0等、種々のRAIDに対応しているため、
ある意味職場で使用するには最適なネットワーク対応HDDだと思います。

RAIDを使用しているため、信頼性が高いと思われます。
確かに信頼性は高いですが、筺体側にエラーが発生したり、RAIDを動かすためのシステムが壊れたりした場合、
HDL-GTにアクセスできなくなるため、データ復旧が必要となります。

弊社では、業界平均より比較的安価にデータ復旧サービスをご提供しております。

HDL-GTシリーズでは、RAID0,5,6,1+0等が使用できると先ほど記載しましたが、
上記であればどのRAIDでも論理障害対応は157,500円の固定金額で復旧しています。

安すぎて心配だと仰る方もいらっしゃいますが、
弊社ではこの価格が適正価格です。

確かに、一昔前は普通のHDDの論理障害対応でさえ数十万円の費用がかかっておりました。
しかし、技術の進歩や企業努力等により、現在では157,500円でご提供できるレベルにまで下がりました。

値下げができるのであれば最初から値下げした価格をご提示するため、
上記の費用が限界です。

どのようなデータが復旧できるのかを調べる、初期診断は無料です。
また、復旧不可や希望データ検出不可であれば、費用は一切頂きません。0円です。

診断にかかる時間はHDDの状態やデータ容量によって大きく変化するため、
一概に○時間でできるとお伝えすることは難しいですが、
100GB程のデータであれば即日~1日でご報告していることが多いです。

HDL-GTシリーズをお使いの方で、データ復旧が必要な方は、
是非とも弊社にご依頼ください!




定額データ復旧 TeraStation,LANDISKのような大型のNASの復旧金額

定額データ復旧 TeraStation,LANDISKのような大型のNASの復旧金額

TeraStationやLANDISKのような、HDDを4台搭載できる大型のNASは、
RAID0,5,6のような、RAID機能を使用することができます。

それぞれ特徴があるため、用途に応じた使い方を求められますが、
RAIDは複雑なシステムで動作しているため、停電やファームウェアの更新等でも
障害が発生することがあります。

障害が発生しアクセスできないような状態になっても、
弊社のようなデータ復旧会社にデータ復旧依頼を行えば、
データを取り戻せる可能性はございます。

データ復旧会社に見積もりを依頼されれば分かると思いますが、
基本的に高額です。
電話で「あーそれは○万円からですね~」と最初は安い値段を言われても、
見積もりごに「これはかなり状態が悪いので、○○万円かかりますねー」と、
桁が一つ上がったり、最初に聞いていた金額の倍以上になったりすることも
あるみたいです。(弊社に問い合わせがあったお客様のお話です)

弊社では、どのようなものでも、対応できるものであれば
ホームページ記載の金額通りの費用で対応しております。

例えば、論理障害対応でRAID0,5,6が対応できるのであれば、
お客様が支払う費用は157,500円のみです。
納品用のHDD等の細かい出費はあるかもしれませんが、
復旧費用は上記のみです。

このように、TeraStationやLANDISKのデータ復旧を定額で行っているため、
安心してご依頼頂けると思います。

また、診断や復旧の期間も、なるべく早くお渡しできるよう心がけており、
早急に必要なデータのフォルダ名やファイル名をお伝え頂ければ、
それだけを即日お渡しすることも可能です。
(ディレクトリ情報が正常である場合に限ります。また、容量によりお渡しする時間は変化します)

TeraStationやLANDISKでRAID5や6のデータ復旧をご検討の方は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




ホーム > IOデータのNAS

検索
フィード
メタ情報

Return to page top