データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > buffalo > リンクステーション

リンクステーション Archive

壊れたHDD(ハードディスク)からデータ復旧

壊れたHDD(ハードディスク)からデータ復旧

HDD(ハードディスク)に障害が発生し、壊れたような状態になる時が稀にあります。
そのような状態になった時、メーカーのサポートに問い合わせたり、
自分で何とか直そうとしたりするかと思いますが、HDDは精密機器であるため、直らない時の方が多いです。
(直すよりも新しいHDDに交換する方が安上がりなことが多いです)

しかし、弊社はそのような壊れたHDDからデータを取り出す、データ復旧というサービスをご提供しています。

全てが必ず取り出せるというわけではないですが、障害が発生した後に障害が悪化していなければ、
大抵の場合お客様が満足する形でデータをお渡しできています。

取り出せないような時は、HDD内の部品がデータを保存しているディスクに致命的な傷をつけてしまった時や、
物理フォーマット等で完全にデータを消去してしまった時等が挙げられます。

上記のようなデータ復旧が出来ない事例はたまにある程度で、
HDDの動作がおかしくなってから何回も電源を入れてしまったり、
言葉の意味がわからないのに作業を進めたりした場合に多いようです。

HDDに発生する障害の一つに、HDD接続時に「フォーマットしますか」とエラーメッセージが出るものがございます。
通常のPCでは上記エラーが発生しているHDDにアクセスすることはできませんが、
弊社であればほとんどの場合データを取り出せています。

HDDの種類や障害の内容、度合い等によりデータ復旧費用は変化しますが、
弊社は比較的低価格でデータ復旧を行っております。
よくお客様に「なぜそんなに安いのですか」と問い合わせを受けますが、
この価格でも満足に営業が可能であるため、弊社にとってはこの価格が適正価格だと考えています。

データ復旧が可能かどうかを調査する診断は無料で行っています。
診断後のキャンセルも無料でキャンセル料等は発生しませんので、
お気軽にお問い合わせ・ご依頼ください!

LinkStation復旧 EMモードのデータ復旧

LinkStation復旧 EMモードのデータ復旧

LinkStationを使用していると、EMモードというモードに入る時があります。
何かしらの障害が発生した時にEMモードに入るみたいですが、
EMモードに入った原因によってはメーカー修理を行わなければLinkStationを再利用できない時もあります。

メーカー修理の場合、保存されているデータは消去されてしまいます。
弊社はデータ復旧会社であるため、EMモードになっているLinkStationからでもデータを復旧、取り出すことができます。

もちろん障害の内容によりますが、EMモードであればデータをほぼ全て取り出せることが多いです。

本日もEMモードになっているLinkStationのデータ復旧依頼があり、
現在まだ診断中ではありますが復旧率は99%以上になる見通しです。

HDD1台で構成されているLinkStationであるため、
データ復旧費用は52,500円の完全固定金額での対応となる予定です。

このように、EMモードになってもデータは取り出せることが多いため、
LinkStationに障害が発生したら是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

連休明けのLinkStation、TeraStation障害~アクセス不能~

連休明けのLinkStation、TeraStation障害~アクセス不能~

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

正月やお盆、GW等の大型連休や、三連休等の小さい連休等でも、
連休明けにはよくLinkStationのようなネットワーク対応HDDの障害問い合わせがよくございます。

LinkStationだけではなく、LANDISKやTeraStation等、
ネットワーク対応であれば機種は関係なく障害が発生することがあるみたいです。

1月4日は弊社の仕事始めですが、
始業前から問い合わせの電話が鳴り響き、閉店間近までLinkStation等の問い合わせが続きました。

問い合わせ内容も若干の差異はあるものの、
大抵は「連休明けで会社に来たらアクセスできない」という内容です。

経験上の判断になりますが、連休明け等でいきなりアクセスできなくなるような場合、
高い確率でLinkStationの中のデータを取り出すことが可能です。

復旧費用も弊社ホームページのLinkStation欄に記載の通りの低価格・固定金額での対応です。

本日も緊急のお持ち込みでLinkStationとLANDISKの対応を行いましたが、
99%以上の復旧率でデータをお渡しすることができそうです。

連休明けでLinkStation等にアクセスできなくなった場合、
データを取り出せる可能性が高いため、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

LS-WVL/R1シリーズに発生する障害

LS-WVL/R1シリーズに発生する障害

LS-WVL/R1シリーズは、3.5インチのHDDを2台搭載した
ネットワーク対応HDD(NAS)です。

HDDが2台あるため、RAID1(ミラーリング)やRAID0等の
RAIDを使用することができます。

弊社はデータ復旧会社であるため、このようなLinkStationのデータ復旧依頼が沢山来ますが、
一口に「障害」と言っても様々なものがあり、
簡単にデータ復旧できるものから完全に不可能なものまで様々な障害がございます。

先日緊急対応したLS-WVL/R1シリーズの合計4TBのモデルでは、
NASナビゲーターからHDDを認識できるしファームウェアの更新までできるのに、
何故かHDD内にアクセスができないという障害が発生していました。

HDDを確認した所、データを保存する領域のパーティション情報が損傷しており、
通常ではどのような操作をしてもデータ保存領域にアクセスできないような状態になっていました。

似たような障害発生状況はよく依頼がありますが、
今回の障害内容のようなデータ保存パーティションのみが損傷しているのは珍しく、
どのような事象が発生するとこのような障害がLinkStationに発生するのか疑問に思いました。

データ復旧に関しては、上記のような状態でも問題なく99%以上のデータを復旧することができ、
データ容量が少なかったためお持ち込みから2時間で納品という特急対応をすることができました。

RAID1でのご依頼でしたが、
 復旧費用:84,000円
のみのご請求であり、特急対応追加費用等は弊社では規定しておりません。

HDDの状態によっては短時間でのお渡しが不可能であったり、
保存データ容量によってはどうしても時間がかかることがございますが、
いつも最短でお渡しができるよう努力しております。

LS-WVL/R1シリーズ以外でも、ネットワーク対応HDDであれば
データ復旧対象メディアであるため、データ復旧をお探しの方は是非とも弊社にご依頼ください!

停電後、Ls-wh1.0tgl/r1 (LinkStation)にアクセスできなくなった

停電後、Ls-wh1.0tgl/r1 (LinkStation)にアクセスできなくなった

Ls-wh1.0tgl/r1は、HDDが2台搭載されたLinkStationです。
ネットワーク対応HDDやNASとも呼ばれますが、
複数台のPCでHDDを共有できるものになります。

また、HDDが2台搭載されているこのモデルは、
RAID1やRAID0といった、便利なRAIDを使用することができます。

ただ、RAIDやネットワーク対応は、複雑なシステムで動いていることが多く、
停電等の異常終了によりシステムが壊れてしまい、LinkStationにアクセスすることができなくなることが稀にございます。
また、ケース側基盤や電源の故障により使用できなくなることもございます。

停電によりLinkStationにアクセスできなくなったというご依頼を先日受け、
状況を確認した所、E07というエラーが発生しているとのことでした。
E07は「HDDがみつからない」というエラーであり、メーカー修理対象になります。

ただ、メーカー修理は多くの場合保存データが消えた状態で返却されるため、
どうしてもデータを取り出したいとのことでした。

HDDの状態を確認した所、システム部分でのエラーと若干の不良セクタが発生していました。
(不良セクタは恐らく停電とは無関係です)

RAID0で使用されていたため、運悪く不良セクタ部分に被っていた保存データの復旧は不可能でしたが、
結果的に99%以上のデータを取り出すことができました。

また、RAID1でも同様の依頼がLinkStationにて多く、
RAID1の場合は片方に不良セクタが発生していてももう片方が正常であればデータ復旧可能であるため、
RAID0や1台物のHDDに比べると復旧率は高くなります。

データ復旧費用は
RAID0・・・1575,00円 固定金額
RAID1・・・84,000円 固定金額
となっております。(HDDを分解する必要がない生涯の場合)

診断にかかる時間はHDDの状態や保存データ容量で大きく変わりますが、
大抵は即日~3日以内でご報告できています。

診断は無料、復旧費用は固定金額となっているため、
Ls-wh1.0tgl/r1のようなLinkStationが停電等で障害が発生した場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!

LinkStationが認識されない時はデータ復旧!

LinkStationが認識されない時はデータ復旧!

LinkStationはNASとも呼ばれ、HDDがネットワークに接続されているため
複数台のPCや機器で一つのHDDを共有することが可能です。

元々は職場でのデータ共有等に使用されていましたが、
近年ではテレビや家庭用のPCを接続し、録画したテレビ番組をパソコンから見る等、
家庭内での利用も急速に広がってきています。

ただ、LinkStationは稼働部品を有する精密機器であるため、外的な衝撃を加えなくても
突然壊れてしまうことがございます。

故障個所は様々なので、一概に判断するのは難しいですが、
メーカー修理に出すと多くの場合は中のデータが消えてしまいます。

LinkStationの中には大切なデータが保存されているから、
どうしてもデータを取り出したい・・・という方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご利用ください。

認識されなくなってしまったLinkStationからでも、
多くの場合データを取り出すことが可能です。
USB外付けHDDと違い、持ち運んで落としてしまうとか、倒してしまう等の
衝撃による破損は少ないため、LinkStationが故障してしまってもデータを取り出せる状態であることが多いです。

気に鳴るデータ復旧費用は、
HDD1台構成で論理障害であれば52,500円の固定金額となります。
容量等に関係なく、上記金額の固定金額です。

また、HDD2台で構成されているRAID1であれば、
論理障害復旧費用は84,000円のこちらも固定金額です。

業界平均より比較的安い価格でご提供しており、また、固定金額での対応となるため、
安心してLinkStationのデータ復旧をご依頼頂けると思います。

認識されんくなったLinkStationからデータを取り出したい方は、
是非ともギガデータのデータ復旧サービスをご依頼ください!

E30が発生しているLinkStationからのデータ復旧

E30が発生しているLinkStationからのデータ復旧

LinkStationはランプの点滅等でどのようなエラーが発生しているかを知ることができます。
障害が発生した時、どのような症状なのかをエラー番号から知ることにより、
その後の対応がスムーズになることが多いです。

ただ、エラーの内容によっては、サポートでの修理や全交換になることもございます。
その場合、LinkStationに保存されているデータは全て消えてしまいます。

弊社では、障害が発生しているHDDからデータを取り出す、データ復旧サービスを提供しております。
もちろんLinkStationのようなNASも対応しております。

よく聞くエラーはE16というもので、”HDDが見つからない”というものです。
LinkStationの制御基板の方からHDDが見つからないためこのようなエラーが出るのですが、
“見つからなくなった原因”というのは様々なものがあり、
原因によっては復旧できないことも勿論ございます。

また、E30というエラーもございます。
これは”HDDが壊れている”という内容のものですが、
LinkStation(BUFALLO)が定義するHDDの故障と、
弊社のようなデータ復旧会社が定義する故障の意味合いが若干異なるため、
データ復旧会社にとってはデータ復旧可能なHDDであることが多いです。

ただ、勿論復旧できないほどに壊れているHDDもございますので、
結局は実物をご送付いただき診断を行わなければ判断は非常に難しいです。

データを取り出せるかどうかの診断は無料で行っております。
また、論理障害であれば、1台構成のLinkStationの場合容量問わず
52,500円固定金額の復旧費用となっております。

外付けHDD等に比べ、LinkStationは持ち運びしたり倒したりすることがないため、
復旧成功率は高めになっています。

E30等のエラーが発生し、周りのPCから認識ができないようなLinkStationから
データを復旧させたいお客様は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




LinkStation LS-WX2.0TL/R1 RAID1を利用したネットワーク対応HDD(ハードディスク)からデータ復旧

  • 近年、今まで書類ベースで行ってきた仕事が、電子データベースで進むようになってきています。

電子データは保存方法にさえ気をつければ半永久的に使用可能です。
しかし、データを保存している機器(おもにHDD)の故障により、
大切なデータを簡単に失ってしまう可能性があるのも事実です。

そのような事実に対し、大切なデータを失わないためのHDD使用方法が考案されています。

信頼性の高いデータ管理方法・HDD使用方法として、
RAID1という使用方法がございます。
HDDを2台用いて、2台ともに同じデータを保存する使用方法をRAID1と呼びます。

RAID1が使用できるHDDは、主にバックアップ目的で使用されますので、
RAID1にネットワーク機能を持たせた、ネットワーク対応HDDとして販売されていることが多いです。

代表的なものとしては、LS-WX2.0TL/R1のようなものになります。

こちらもHDD2台のRAID1で構成されており、LS-WX2.0TL/R1を複数のPCで共有ができるネットワーク対応機能も持ち合わせています。

これを使用すれば、ある程度データの管理に関しては安心ですが、
ネットワーク対応機能は比較的複雑なプログラムで動作しているため、
ふとした時に故障する時があります。

故障をしても大抵の場合はメーカー等で直すことができますが、
中に保存されているデータが消えてしまうことが多いです。

大切なデータを保存するためのHDDなのに、HDDの機能しか戻ってこない・・・
中のデータを取り戻したい!という方は、是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

RAID1は2台ともに同じデータを保存しているため、1台構成のHDDに比べてデータを復旧できる確率は高いです。

RAID1データ復旧費用は、論理障害対応であれば84,000円で対応しております。

ご依頼頂いた際は

  1. どのような障害が発生しているのか調査
  2. データを取り出せるかどうかの調査
  3. データ取り出し可能な場合、どのようなデータが取り出せるのかを調査
  4. 検出データリストとお見積りをご連絡

という順序で無料診断を行っております。

1台だけHDDを送るから安くしてくれ、という問い合わせを受けることもございますが、
1台目のHDDから出てこなかったデータが2台目から出てくる、ということもございます。

診断が1台だけで大丈夫かどうかは、2台のHDDを診断しなければ判断できません。

診断から納品までにかかる期間は、
HDDの容量やデータ量、ファイル数等によって大きく変化しますが、
100GB以内のデータ量であれば1日程度で診断結果をご報告し、
費用お振込み日またはその翌日には発送が可能です。

また、復旧不可・診断後のキャンセル時はご返却の送料のみのご負担となっており、
診断料等は一切発生いたしません。

LinkStation LS-WX2.0TL/R1のようなRAID1対応のネットワークHDDにて障害が発生し、
データを復旧させたいお客様は、是非とも弊社にご依頼ください!!!!

RAID1のLinkStationやLANDISKのデータを取り出したい

RAID1のLinkStationやLANDISKのデータを取り出したい

LinkStationやLANDISKのようなネットワーク対応HDDの中には、
RAID1という、HDD2台を使用したシステムで運用できるHDDがございます。

RAID1はHDD2台に同じデータを保存し、どちらか片方のHDDに障害が発生しても
もう片方のHDDからデータを取り出せるという、高信頼性のデータ保管法です。

最近では、小規模のオフィスやグループにとどまらず、
個人でもRAID1のLinkStationやLANDISK等を使用する方が増えてきました。

確かに、RAID1を使用していれば、滅多なことがなければデータを失うことはございません。
しかし、RAID1を制御しているシステムの異常や、筺体側のエラー等により、
RAID1のLinkStationやLANDISKに障害が発生し、データを取り出せなくなることもございます。

そのような時は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

個人でも対応できることはございますが、
間違えた操作によりデータが全て消えてしまうようなこともございます。

削除データの復旧は、お客様の希望通りにデータが検出される可能性は少ないため、
できれば何も作業せずにデータ復旧をご依頼頂きたい所です。

論理障害が発生しているRAID1であれば、データ復旧費用は84,000円の固定金額です。
データ容量では費用は変化しない、完全固定です。

2台とも同じデータが保存されているのであれば、1台だけ診断すればいいんじゃない?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
1台目のHDDで検出不可だったデータが、2台目から正常に検出されるようなこともございますので、
復旧率を高めたかったら2台ともお送りください。

診断にかかる時間はHDDの状態や保存データの容量で大きく変わり、即日で対応できることもあれば、
1週間程度かかることもございます。

希望データの詳細が判明していれば、費用は先払いになりますが、
そのデータだけを先に納品することも可能です。

RAID1のLinkStationやLANDISKで障害が発生し、データを取り出したい方は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください!




家庭内使用のネットワーク対応HDDからデータを復旧

家庭内使用のネットワーク対応HDDからデータを復旧

近年、HDDの低価格化・大容量化に伴い、
比較的安価にNASを購入することが可能になってきています。

NASはLinkStationやLANDISKのような、ネットワークでつながるHDDのことであり、
家庭内で使用する際は複数のPCが接続され、1つの動画や画像等を複数のPCから見ることができます。

このように、非常に便利なHDDのため、お客様にとっては重要なデータの保存先にされている方も
いらっしゃると思われます。

ただ、ネットワーク対応HDDは複雑なシステムで動作しているため、
停電やファームウェアの更新、運が悪いと電源はON/OFFしただけで
アクセスが不可能な状態になってしまうことがございます。

メーカーのサポートへ修理依頼をすれば、
ネットワーク対応HDDの機能は復活しますが、
中に入っているデータは全て消えてしまうことが多いです。

ネットワーク対応HDDの機能も大切ですが、それ以上に中に入っているデータの方が大切だというお客様もいらっしゃると思います。

データを何としてでも取り戻したい!というお客様は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご利用ください。

一般家庭や小規模のグループで使用されるネットワーク対応HDDは、
HDDが1台入っているものが多いです。

HDD1台で構成されているネットワーク対応HDDであれば、
復旧費用は52,500円の固定金額です。(論理障害対応時)
また、ケース付きでご依頼頂いた際は、ケースからHDD本体を取り外す必要があるため、
その作業代として別途5,000円ご請求しております。

また、データが復旧できるかどうかの診断、
診断後のキャンセルも無料となっております。

大切なデータが保存されているネットワーク対応HDDからデータを復旧させたい方は、
是非とも弊社データ復旧をご依頼ください!




安価で固定金額のデータ復旧費用(TeraStationのようなNAS、RAID)

弊社では、LinkStation、LANDISK、TeraStation、WindowsServer等の
NAS、RAIDに関しては、完全に固定金額の復旧費用でデータ復旧サービスをご提供しております。

他の業者の中には、最初に低めの価格を伝え、
診断後に「これは状態が悪かったので、復旧費用は○○万円になりますね」
と、問い合わせの時より非常に高額な請求をする所もあるみたいです。
(お客様の問い合わせで上記のような話をよくお聞きします)

弊社は完全に固定金額で対応しております。

論理的な障害であれば、
NAS、HDD1台・・・52,500円の定額
RAID1・・・84,000円の定額
RAID0、RAID5、RAID6等・・・157,500円の定額
上記のような費用となります。

問い合わせ段階では他の業者の見積もり金額の方が安いこともあるみたいですが、
実際に依頼してみると弊社の方が安くなるというのはよくあるみたいです。
(事実、弊社には「他社が高すぎたので・・・」という理由で依頼される方が多いです)

お客様の期待を裏切ることはできませんので、
弊社は最初から明確に費用をご提示しております。

また、HDD内の部品が壊れてしまっているような重度物理障害の場合も、
お問い合わせ頂ければ費用をお伝えいたします。
ちなみにこちらも固定金額です。
提携企業での作業となり、ネット上では費用を明かせない契約になっているため、
重度物理障害対応の場合は先にメールかお電話にてお問い合わせください。

TeraStationのようなNASは、基本的に持ち運んだり付け外しをしないものであるため、
HDDの中の部品が壊れるような重度物理障害にはなりにくく、復旧成功率も
通常の外付けHDD等に比べると高いです。

また、重度物理障害の場合でも、部品の劣化等により部品が壊れることが多いため、
プラッターに傷がつかずに、高復旧率でデータをお渡しできることが多いです。

弊社は明確で安価な費用にてデータ復旧サービスをご提供しています。
「論理障害だけど状態が悪いからこれは○○万円です」みたいな、
いきなり費用を上げるようなことはございません。

安心してデータ復旧を依頼したい方は、是非とも弊社にご依頼ください!




LinkStation HDD4台構成 障害からデータ復旧を試みる

ハードディスクが4台入っている大型のNASは、通常TeraStationと呼ばれていますが、
ハードディスク価格の定価に伴い、通常はハードディスク1台や2台で構成されている
LinkStationにもハードディスク4台構成のものが登場しています。

LS-Q1.0TL/1D等がそれに該当し、TeraStation等と同様にRAID5の機能を使用することができます。

ネットワーク接続型のハードディスクですので、
複数のパソコンで共有できたり、テレビに接続して利用ができたりします。

様々な使用方法が可能ですので、便利に使用されている方が多いと思います。
障害が発生してLinkStationに接続できない状態になると、色々と困るのではないでしょうか。

LinkStationでもTeraStationでも、RAID5は複雑なシステムで動作しているため、
トラブル対応で間違った操作、余計な操作を行うと、
データが復旧できなくなってしまうことがございます。

それは、復旧させる技術が劣っている等の復旧できないではなく、
物理的に復旧が不可能になる、という意味です。

また、自分で復旧させようと障害のあるLinkStationを色々と操作された後にご依頼頂くと、復旧率が低下してしまうことも確認されています。
そのため、できる限り操作を行わずにデータ復旧をご依頼頂ければ幸いです。

弊社では、RAID5であれば容量問わず、論理障害であれば157,500円の費用でデータ復旧を行っています。
固定金額での対応となりますので、追加で高額な費用が発生することはございません。

キャンセルも無料で行っておりますので、
LinkStationやTeraStationでトラブルが発生した場合は、
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




故障?しているLinkStationからデータを取り出す

よくある問い合わせの中に、
「サポートへ電話したら、LinkStationのHDDが故障しているので、
新しいHDDに交換しなければならない」
「HDDをフォーマットしなければならない」
とサポートに診断されたというお話がございます。

LinkStationの中のHDDの障害にも色々あるため、
例えば、表示されるエラーコードが[E16]だとしても、
実際にリンクステーションのHDDに発生しているトラブルが
全く異なることがあります。

サポートからすると、HDDが使用できないことには変わらないため、
少しでも障害が発生しているHDDは「故障している」と診断します。

ただ、HDDが故障していても、
「データを取り出せる状態のHDD」
「データを取り出せない状態のHDD」
2種類に分けることができますので、
メーカーにLinkStationのHDDが故障していると診断されても
データ復旧を諦めるのはまだ早いです。

弊社ではリンクステーションでハードディスク1台構成のものであれば、
重度物理障害でない場合は52,500円でデータ復旧サービスをご提供しています。

重度物理障害は、HDD内の細かい部品が物理的に壊れてしまっている状態の障害ですが、
一見すると重度物理障害のように見えて実は重度物理障害ではないケースもございます。

その判断は実物を診断しなければできないことが多いため、
まずは無料で行っている初期診断をご依頼ください。

診断および診断後のキャンセルは無料で行っております。

故障していると診断されたLinkStation(リンクステーション)からデータを取り出したいお客様は
是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。




TS-シリーズ TeraStation(テラステーション)エラー障害から格安でのデータ復旧

TS-という型番の、複数台HDDが入っているNASは、
複数人で大容量のデータを保存でき、RAIDにより高信頼性を備えた状態で使用することができます。

近年グループ・部・課単位で上記のようなTeraStationを使用される方が増えてきていますが、
エラーや障害による問い合わせも増えているみたいです。

メーカーサポートは、HDDに何かしらの障害が発生していた場合、
「HDDが故障しているため、フォーマットか交換が必要となります」
という対応を行うらしいです。
つまり、保存データは消えてしまいます。

仕事で使っているデータが沢山入っている場合、
TeraStation本体よりも中に入っているデータの方が欲しい!という方も多いと思われます。

そのような場合は、是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

弊社では、TeraStation、RAID5であれば
157,500円の固定金額でデータ復旧を行っています。
(論理的な障害の場合)

お客様の方で余計な作業を行っていなければ、
8割以上のものは復旧可能で、9割以上のデータを取り出すことができています。
希望データが出ていない等の理由でキャンセルされる場合は、費用の発生はございません。

データの取り出し(データ復旧)は、あまり一般の方になじみのないものだと思われますが、
条件さえ整っていれば、エラーや障害が発生しているものでも、
データを取り出すことは可能です。

ただ、その条件は実物を見てみなければわからないこともございますので、
まずは無料の診断を行ってから、データを取り出すことが出来る・出来ないをお伝えすることになります。

また、仕事で使うデータが入っているため、
お急ぎの場合もあると思います。
状態により診断の時間は前後しますし、転送速度は仕様で決まっているため
大容量のデータを短時間でお渡しすることはどうしても不可能ですが、
希望データのみを先に復旧し、納品することは可能です。
上記のような特急対応を行っても追加費用が発生することはございません。

エラーや障害によりTeraStationが壊れてしまった方は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご検討ください。




TeraStation(テラステーション)RAID5のファームウェア異常になった時のデータ復旧

TeraStation(テラステーション)を使用していると、
稀にファームウェア異常を示す障害が発生することがあります。
RAID5等の高度なシステムで動作しているため、
障害が発生するのはある程度やむを得ないかもしれません。

大抵はファームウェアの更新でその障害は直りますが、
直らない場合は
・メーカーサポートへ修理依頼をする
・データ復旧会社にデータ復旧依頼をする
上記2つの手段しかございません。

メーカーサポートに送ると、確かに直るかもしれませんが、
データは全て消えて戻ってくるでしょう。

TeraStation(テラステーション)としての機能よりも、
中に入っているデータの方が大切だと思うかたは、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご依頼ください。

ファームウェア異常を示すエラーが発生しているTeraStationからデータを取り出した実績はもちろんございますが、
それ以上に特筆すべきは費用の安さです。

数十万はくだらないと言われるRAID5のデータ復旧を、
弊社では157,500円の固定金額で行っています。

他社の見積もりを経験した人は必ず「何故そんなに安いのか」と聞いてきますが、
弊社にとっては上記の費用で対応できるからその費用を提示しているだけにすぎません。

ただ、日ごろから業務の効率化や新しい復旧方法の研究等を行っているため、
手間を省いたり、比較的短時間で解析を終わらせたりと、
そういったことの積み重ねが費用に現れているのだと思います。

診断自体は無料で行っており、
復旧不可等でキャンセルになっても診断料等の費用は一切発生致しません。

RAID5で使用していたTeraStation(テラステーション)等が
ファームウェア異常で使えなくなった場合は、
是非とも弊社のデータ復旧サービスをご依頼ください!!




ホーム > buffalo > リンクステーション

検索
フィード
メタ情報

Return to page top