データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > ロジテック HDD 復旧

ロジテック HDD 復旧 Archive

予期せぬ障害への備えにバックアップを

データ復旧を仕事にしている私が言うのも変ですが、
データのバックアップは非常に大切です。

仕事・プライベート関わらず、office系ファイルやメールデータ、
写真、音楽等々、
失いたくないデータは誰にでもあると思います。

弊社に来るデータ復旧依頼も、大半が
「このデータがなければ仕事が進まない・・・!!」
「子供が生まれてからずっと撮ってきた写真なんです・・・!!」
という内容になっています。

仕事関係のファイルであれば、再び作り直すことは可能かもしれませんが、
作り直す時間を考えると無駄な工数が発生してしまいますね。
プライベートな写真データであれば、二度と同じデータは手に入りませんね。

HDDは消耗品ですので、いつかは必ず壊れてします。
HDDが壊れてしまうと、データ復旧によってデータを取り戻せることもございますが、
多額の費用が発生してします。

・HDDは何時の日か必ず壊れる
・データ復旧には多額の費用が必要

上記2点は明白ですので、私としては、今すぐにでも外付けHDDを2台購入することをお勧めします。

PCの容量が切迫してきたから、外付けHDDにバックアップしよう!
と、外付けHDDを購入し、データのバックアップを取られる方は増えていると思いますが、
PCにも同じデータがなければ、バックアップにはなりません。
データを移動しただけです。

大切なデータが外付けHDDにしか存在しないのであれば、
そのHDDが壊れてしまったら大変なことになります。

そのため、PCと外付けHDDに同じデータが入っている状態が望ましいですが、
欲を言えばもう1台外付けHDDを用意して、
外付けHDD2台とも同じデータを保存するようにしましょう。

外付けHDD2台に同じデータを保存しておけば、
両HDDが同時に壊れることはほとんどないため、
大切なデータを失う確率はぐんと低くなります。

更に、PC内にも同じデータを保存しておけば、
データを失う確率はより低くなります。

このように、複数箇所に同じデータをバックアップしておくことで、
不測の事態に備えることができます。

また、市場にはRAID1という、上記の「2台のHDDに同じデータを保存する」という作業を自動で行うシステムがあるため、
そういったものを使用するのも良いと思います。

バックアップが大切なのはわかってるけど、
準備するのがめんどくさい・・・と思っている方、
これを期にバックアップを始めてみてはいかがでしょうか。




「即日復旧」「即日対応」ってできるの??

はい。できます。

ただ、HDDの状態や、保存している容量、ファイル数によります。

HDDの接続方式には、SATAやIDE等がありますが、
それぞれ転送速度が決まっています。
しかも、調べて出てくる値は理論値なので、実際の値は理論値より低いことが多々ございます。

他の業者のページであたかも全てのHDDが即日対応、即日復旧のような表記をしている所がありますが、
TB(テラバイト)単位の大容量データをを数時間で復旧し、数時間で他のHDDにコピーできるのでしょうか。
そんなことができるのであれば、その転送速度の速さを売りにした新しいサービスを始めた方が良いと思います。

ただ、HDDの状態と容量によっては本当に即日対応、復旧は可能なので、
一概に全てうそだ!とは言い切れないのも事実です。
恐らく即日対応!の記載も、実際に即日対応したことがあるから書いてあるだけで、
全てを必ず即日対応とは記載していないため、即日対応しなくても何ら問題ありません。

上記の内容を問い合わせのお客様に説明しても、良い反応が返ってきたことはあまりございません。
「恐らく大丈夫です!復旧できる可能性はかなり高いです!場合によっては即日で対応可能です!」
と曖昧なことを言って安心させた方がいいのかなぁ~とさえ思ってしまいます。

「恐らく大丈夫です~」のくだりも、嘘ではありません。
“恐らく”大丈夫で、”可能性”はどのHDDでもあるし、ものによっては即日対応も”可能”です。

ご依頼頂くことだけを目的とするのであれば上記のような対応で構わないとは思いますが、
人によっては「問い合わせの時の説明と違う!」と憤慨される方もいらっしゃると思います。

そのような想いをして頂きたくないために、極力詳しく丁寧に説明しようとは心掛けているのですが・・・
中々伝わらないみたいですね。

そこがコミュニケーション・サービス業の醍醐味でもあるので、
より簡潔に、わかりやく、安心を抱いて頂ける説明を行えるよう精進して参ります。




NTFS形式のデータ復旧

NTFSというファイルシステムは、主にWindowsで使用されるものです。

WindowsのPCで、マイコンピューターからHDDを右クリックし、プロパティをクリックして頂ければ、ファイルシステムがNTFSになっていることがわかると思われます。

NTFSとは一体何か、という難しい説明は、色々なページで紹介されているため割愛させて頂きます。

弊社はデータ復旧業者なので、NTFSのファイルシステムからデータ復旧できるか、
という点に関してお話致します。

が、技術的な所は弊社独自の解析アルゴリズム等がございますので、
公表ができません。。。

弊社に来るHDDデータ復旧依頼は、6割程度がNTFSのファイルシステムであるため、NTFSの解析技術には自信があります。

ただ、全てが同じような論理障害が発生するわけではないので、
どのような状況でも完璧に対応できているわけではなく、もちろん中には
復旧できない事例もございます。

ただ、他社で拡張子別でしかデータを検出できなかったHDDから、
フォルダ情報やファイル名等も含めて検出したり、
他社で全くデータを出すことができなかったHDDから簡単にデータを出したりと、
他に引けを取らない技術は有しております。

データ復旧費用は、弊社で対応できるものであれば、上限42,000円以内でのご請求となります。
具体的な費用は診断を行わなければ算出できません。

診断は無料、キャンセルも無料となっておりますので、
NTFSファイルシステムのデータ復旧でお困りのお客様は是非とも弊社にご依頼ください。




HDD内の破損したディレクトリからデータ復旧

PCを使用していたり、外付けHDDを使用していると、ファイルやフォルダをクリックしたときに

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることが出来ません。」

とエラーメッセージが出ることがあります。

先日のご依頼で上記の症状のお客様がいらっしゃいました。
コマンドプロンプトからのchkdskやフリーソフト、挙句の果てに市販のソフトを購入して
ディレクトリの修復を試みたとのことですが、
どれも上手くいかないとのことで弊社にご依頼頂いたみたいです。

通常通りHDDの中を見ると、確かに破損したデータが存在しました。
(その段階ではフォルダではなく、拡張子のないただのファイルになっていました)

次に、ツール上から何も解析をせずに破損していると思われるデータを見ると、
jpgデータが存在していましたが、そのデータを抽出すると、破損したjpgデータになっており、
やはりこれは間違い。

依頼書には「フォルダが壊れている」とあったので、当初から予定していた
ディレクトリ情報の再構築を行うと・・・
フォルダ名は破損していましたが、フォルダであるべきものをフォルダとして認識できる状態にまでもっていくことができ、そのフォルダの中に1TB近くのファイルが存在している情報まで
引き出すことができました。

あとはいつも通り修復したフォルダ+フォルダ内のデータを取り出し、お客様がご用意した別のHDDにデータを移動して依頼完了、となりました。
1TB以上のデータをお渡ししましたが希望データは全て復旧できており、復旧費用は34,640円(33,000円+消費税)でした。
弊社に来られる前に別の業者に問い合わせたみたいですが、
費用は5万~30万と言われたみたいで、その業者の最低価格より安いなんて!と大変うれしいお言葉を頂けました。

今回はディレクトリ情報が壊れきっていなかったため、フォルダ+フォルダ内にデータ
という形でデータをお渡しすることができましたが、
あまりにもディレクトリ情報が壊れすぎている、重傷な場合は、ファイル単体での検出となってしまいます。

別のお客様では、ご自分で作業をしすぎたせいでHDDに負荷がかかり、
ディレクトリの破損からHDD全体の破損になってしまった、ということもありましたので、
大切なデータであればなるべくご自分で作業をされないで、ギガデータのようなデータ復旧業者
にデータ復旧をご依頼頂ければな、と思います。
(ご自分でできる範囲とデータ復旧業者に任せる範囲を見極めるのは中々難しいですが・・・)

「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることが出来ません。」のようなエラーメッセージが発生してまった場合は、診断無料、キャンセル無料、復旧費用も低価格のギガデータに
データ復旧のご依頼を頂ければ幸いです。




ロジテック外付けhdd認識しない~外付けHDDデータ復旧~

ロジテック外付けhdd認識しない~外付けHDDデータ復旧~について
ロジテック外付けhdd認識しない主な原因としては
大きく分けて2つ、データの損傷である論理障害とHDDが物理的に破損している物理障害にわかれます。特に物理障害の場合、個人での修理は難しく、重度の物理障害となるとデータ復旧専門のクリーンルームでの作業が必要となります。

ギガデーでは世界的に展開する、パートナー企業との提携の基クリーンルームを使用してデータの復旧を行っております。
→復旧可能データの診断は無料で行っております。詳しくはこちらまで

また、論理的障害の場合、データの復旧はそんなに難しいことではなく、復旧データもほぼそのままの状態で取り出せるケースがほとんどです。。
ただ、ご自身で何とかしようとして、症状を悪化させてしますケースが多々あります。データの復旧をご自身で試みられえる場合は十分に注意してください。(※電源のON/OFFを繰り返す作業は、データ復旧率を下げる一番の原因です)

どうしていいかわからない場合は、まず、認識しない外付けHDDを他のPCに接続し、動作状況を確認して下さい。それでも、認識しない場合は、外付けHDDの故障である可能性が高いです。そんな時は弊社スタッフまでお気軽にご相談ください。

その他、依頼内容
1.外付けHDD本体の障害
2.電源が入らない外付けHDDのデータ復旧
4.間違って消去してしまった外付けHDDのデータ復旧
 etc

ギガデータでは、データの復旧率が他社よりも高いことと、ぎりぎりまでのコスト削減によって、驚きの価格でロジテック外付けhddのデータの復旧を行っております。→データ取り出し費用はこちら

※ロジテックに修理の依頼をしても中のデータは保障しくれません、そういったケースでもロジテック外付けhddのデータの復旧も行っております、詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。
ロジテック外付けhddが認識しない時のデータ復旧なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

ホーム > ロジテック HDD 復旧

検索
フィード
メタ情報

Return to page top