データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > ファームウェア故障・不具合

ファームウェア故障・不具合 Archive

データが消える原因は? その3 何故かデータがない・・・

お問い合わせの電話の中で、
「何もしてないのにデータが消えた」
「保存してあるはずなの、データがない」
という内容を聞くことがございます。

確かに、保存してあるはずのデータがいきなり見えなくなっている、
消えていたらびっくりしますよね。

これにもちゃんとした理由があります。

~データが消える原因~
【何故かデータがない・・・】

先日の説明の中で、データ保存は本のように【目次】と【内容】にわかれている、と説明しました。

何らかの障害によってこの目次の部分が壊れてしまうと、
タイトルのような「何故かデータがない」という状態になります。

もちろん、目次が壊れているだけですので、実際のファイルの中身は無事であることが多いです。

ただ、目次の壊れ具合によっては、ファイル名やフォルダ情報が破損した状態で
データが検出されてしまう、所謂拡張子別の検出になってしまいます。

あくまで経験上ではございますが、
HDDよりも、SDカード等のフラッシュメモリタイプの記録媒体に
このような障害が多い気がします。
(統計をとったわけではないので、信頼性は全くないです・・・)

また、HDDよりもフラッシュメモリタイプの記録媒体の方が、
データを綺麗に復旧できる確率が低いかな?と思います。

これは、HDDとフラッシュメモリのデータ記録方法の違いに
原因があるのかな?と思っていますが、
症状やその度合いによってデータ復旧結果は大きく変化するので、
一概に○○が良い!!とは言い切れないのかもしれません。

保存しているデータの【目次】が壊れると、中に保存されているデータが見えなくなるのは先ほど説明しましたが、
この【目次】を壊さないようにするのは難しいかもしれません。

中々壊れるものではないと思いますが、
精密機器ですので小さなエラーの積み重なりや
思いもよらない理由で壊れることはございます。

壊れてしまうと、やはりデータ復旧が必要になり、お金が必要となりますよね。
データ復旧に払う金額より、外付けHDDを1台買った方が安上がりだと思いますので、
念入りなバックアップとしてもう1台外付けHDDを購入されることをお勧めします。

リンクステーション ファームウェア アップデート失敗


「リンクステーションでファームウェアのアップデートに失敗した場合・・・」

先日、リンクステーションで、ファームウェアのアップデートに失敗して、その後エラーになりアクセスできなくなった

ということでデータ復旧のご依頼をいただきました。

メーカに問い合わせたところ、修理の際に中のデータは保障できないと言われたらしく、修理の前にデータを取り

出しておきたいとのことでした。

場合によっては、エラーを繰り返し、電源が立ち上がらなくなるケースや、症状が悪化して別のエラーに帰着して

しまうケースが多いようです。

ファームウェア更新が出来ずに、自力で何とかしようとして、リンクステーションを壊してしまうケースも珍しくなく、

修復の努力が逆に故障の原因になることがありますのでくれぐれもご注意ください。

ギガデータなら、1ドライブのLINKSTATIONで、52,500円。2ドライブ(RAID1)なら、84,000円でデータ復旧

をしております。どうしても、中のデータを救出したいそんな時はお気軽にご相談ください。
驚きの復旧費用

また、復旧前に無料初期診断を行い、希望復旧データの復旧が可能かどうかを判断させていただいております。




LinkStation(リンクステーション)ls-xh1.5tlがスタンバイモードになります。

発売当初から、ファームウェアの不具合で何かと、不具合の多いLinkStation(リンクステーション)ls-xh1.5tl 。

先日、こんなお問い合わせをいただきまました。

「ls-xh1.5tlをPS3に接続して使っていたのですが、購入して間もないのにスタンバイモードになります。何をしても復旧せず、BUFFALOのサポートセンターに電話しても『フォーマットするしかない』と言われました。中には、卒業旅行で行った時の映像や写真が入っています。何とかならないですか?」
無料初期診断はこちら
復旧費用はこちら

対応としては、弊社にて、初期診断後、回収用HDDにデータを復元することができました。ls-xh1.5tl自体はファームウェアの不具合が原因だったので、正常に稼動するようにはなりませんが、データは救出。お客様もよろこんで下さいました。

ls-xh1.5tlの復元の為に、丸一日費やしたけど、ダメでしたという方もいらっしゃるようです。
ギガデータなら、低価格・高確率のデータ復旧しております。NAS1台構成ものなら、復旧費用52,500円

素早く・より確実に復旧を行いたい方はギガデータまでご連絡下さい。




ファームウェアの障害・不具合

リンクステーション

「ファームウェアの障害・不具合」と思っていたら・・・

NASのデータ復旧で多いのが「ファームウェアをアップデートしたにも関わらずNASが正常に動作しない」といったケースです。

NASが動作不良を起こした場合、ファームウェアをアップデートすると動作が正常に戻ることが多々あるのですが、それでも動作に異常がある場合や、アップデート自体が出来ず、中のデータにアクセスできない場合があります。

ファームウェアの異常とHDDの異常は親密に関連しており、NASのHDD論理障害の中でもファームウェアの破損が原因のものも少なくありません。

まず、アップデート。それでもうまくいかない場合は、NASの稼動をすぐに停止してください。
(電源のON/OFFを繰り返すだけでも症状は悪化していきます。)
そして、よほどの専門知識がないのであれば、復旧業者にデータの復旧を依頼するのがベストです。

因みに、ギガデータでは復旧可能データの診断を無料で行っております。希望復旧データの復旧が出来るかどうか無料で診断し、分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)詳しは
初回無料診断はコチラ
驚きのデータ復旧費用

ギガデータは素早い対応・低価格での復旧費用・業界トップクラスの技術力で皆様のデータを復旧させていただいております。
NASのデータ復旧なら大阪のギガデータ

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています


無料診断お問い合わせ

ホーム > ファームウェア故障・不具合

検索
フィード
メタ情報

Return to page top