データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > パソコン(PC)の故障

パソコン(PC)の故障 Archive

エラー メッセージ “次のファイルが存在しないかまたは壊れている” の対応

エラー メッセージ “次のファイルが存在しないかまたは壊れている”

Windowsを起動または再起動しようとした時に「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした。」 というようなエラー メッセージが表示され事があります。

症状としては、メッセージのままでファイルが存在しないか壊れているのですが、対応としては、Windows CDを挿入し再起動し修復する方法があります。(参照

ただしリカバリーCDが想定しているトラブルは本の一部のトラブルに限られており、症状がその範疇になかった場合、CDの指示通りにすることで症状はより悪化することも珍しくありません。また、想定内のトラブルであってもデータが元に戻るかどうかはやってみないとわからないのも事実です。

でも、中のデータの取り出したい。そんな時の為に私たちデータ復旧の会社があります。

当社では無料で復旧可能データの診断を行っております。診断を行い、希望データの復旧の可能性が分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

ハードディスクがカタカタと異音がする場合の対応


「ハードディスクがカタカタと異音がする場合の対応」

パソコンの本体から「カタカタ」「カチャカチャ」というような音が聞こえてくる場合、これはハードディスクに原因があるかもしれません。
ハードディスクが原因と言っても、ハードディスクのエラーやデータという問題ではなく、物理的な部分での問題が発生していることが考えられます。

なぜハードディスクから音が聞こえるのか?この記事をご覧になっている方はだいたいご存知かとおもいますが、ハードディスクはパソコンの中でずっと回転しています。このハードディスクが回転する軸になっている部分があ古くなりぶれてしまっている状態で「カタカタ」「カチャカチャ」という音が発生します。

これはハードディスクの物理的なトラブルなので軸になっている部品の修理、交換が必要になります。
「カタカタ」「カチャカチャ」の他にも「キーキー」と何かがこすれるような音がする場合これは先ほどの軸の部分とさらにハードディスクの中の実際にデータを読む部分(ヘッド)も破損している可能性があります。
このヘッド部分の壊れ方次第ではディスク自体を傷つけてしまうおそれがありますので早めの対処が必要です。

反対にハードディスクから全く音が出ない状態もあります。
これは先ほど説明したとおりハードディスクは中でディスクが回転してデータを読み込んでいるのですが、ハードディスクが回転していない状態です。
原因として考えられるのはハードディスクを回転させているモーターが壊れている可能性があるのでこちらも修理が必要です。

物理的な問題だからといって自分で部品を交換したり、修理したりするのは大変危険です。
ハードディスクを開けてディスク自体を傷つけてしまえばデータは壊れてしまいます。

ハードディスクから「カタカタ」「カチャカチャ」と音が出ている場合、まずギガデータの無料初期診断にご相談下さい。
診断を行い、希望データの復旧の可能性が分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

A disk read error occurred エラーとは?


A disk read error occurred エラーとは?

突然パソコンが停止され、「A disk read error occurred 」と画面に表示されることがあります。
これはパソコンやハードディスク自体が壊れてしまったというよりはパソコンの中身の部分のエラー(論理障害)です。

具体的にどういった原因かと言いますと。
ハードディスクの情報や、ファイルシステムが壊れている場合や、BIOSが書き換わってしまった場合があります。
BIOSが書き換わってしまった場合は再設定をすれば問題はありませんが、ハードディスの情報が壊れてしまった場合、ファイルシステムが壊れてしまった場合は大変です。

この二つのうちハードディスクの情報が壊れてしまっている場合は重大です。「operating system not found」と表示されるエラーと同様にハードディスクからOSの場所が分からなくなるというような問題が起こります。

対処方法としてはA disk read error occurred エラーが出た場合にはまずBIOS設定の確認を行います。
これは「BIOSが書き換わっている場合」に当てはまるかどうかの確認作業です。先ほど説明したとおりBIOSが書き換わっている場合は再設定をすれば問題ないのでBIOS設定の確認をします。確認方法ですが、これも使っているパソコンによりますので、取扱説明書などご確認いただくか、プロにお任せください。

「ハードディスクの情報が壊れている場合」「ファイルシステムが壊れている場合」うかつに修正を試みてしまうとリカバリ、復旧ができなくなってしまう恐れがあります。
「ハードディスクの情報が壊れている場合」「ファイルシステムが壊れている場合は」は自力でなおそうとせずハードディスクのリカバリ、復旧を行っている業者にお問い合わせください。

当社では無料で復旧可能データの診断を行っております。診断を行い、希望データの復旧の可能性が分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

パソコンが黒い画面になって起動しない


「パソコンが黒い画面になって起動しない」

パソコンを起動するときは電源をいれて、メーカーのロゴが画面に出ます。そして画面が黒くなりWindowsのロゴが表示されて起動されます。この起動のながれでメーカーのロゴが表示された後「画面が黒く」なった状態でとまってしまい次のWindowsのロゴが現れない。

「operating system not found」や「A disk read error occurred」といったエラーメッセージが表示されればインターネットで対処方法の検索、データ復旧関係のホームページで原因を調べたりといったことができますが、ただ何も表示されずに停止してしまうと非常に不安になります。
ただ単純に画面の問題だといいのですが、「ハードディスクが壊れたのか?」「パソコンが物理的に壊れたのか?」「なにかの論理障害なのか?」ヒントとなるエラーメッセージすら出ないと何をどうしていいのか全く分かりません。

このエラーの原因の一つとしてハードディスクの物理的な故障がかんがえられますがメーカーに問い合わせると安くは無い金額ですが新しいものと交換できます。
ただハードディスクが新しいものになるだけであってもともとのハードディスクに保存されていたデータは戻ってきません。

もしご自身でバックアップをとっていてなおかつ保証期間中であればすぐにパソコンのメーカーにご相談いただくのがベストでしょう。
この場合下手に自力でなおそうとすると原因が分からなくなったり、さらに深刻な状態に陥る可能性もあります。
メーカーが原因を探す際にも下手に触っているとユーザーが壊したことになり、保証対象ではなくなってしまい料金が発生する場合もあります。
保証期間がきれている場合はどちらにしても料金が発生してしまうのでまずは自力で修復を試みてみるのもいいかもしれません。

もしバックアップをとっていない場合はギガデータにお問い合わせください。
ギガデータでは物理的な故障の場合でもデータを復旧できるか初期診断(復旧の可否、復旧可能データの提示)を無料で行っております。
初期診断で復旧可能データの一覧をお客様にメールでお送りしますので、安心して当社まで復旧メディアをお送り下さいませ。
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

operating system not found エラーからの修復

パソコン起動時によく起こるトラブルでディスプレイ上に「 Operating System not found 」という文字が表示されることがあります。

この文字自体がどういう意味かといいますと
Operating System・・・OS(Windows,Macなど)
not found・・・見つからない
「OSが見つかりません」というそのままの意味です。

突然OSが見つからなくなった原因として考えられるのが「ハードディスク」です。
パソコンを起動する際に必要なWindowsやMacなどのOSがどこに保存されているのか、どこに行けば読み込めるのかといった情報がこのハードディスクに保存されています。

このハードディスクの情報が壊れている、もしくはなんらかの原因で書き換えられてしまった場合に先ほど説明しました、OSの保存場所、読み込む情報が分からなくなり「OSがどこにあるか分かりません。」まさに「 Operating System not found 」というエラーがでてしまいます。

だいたいの場合読み込みに失敗した状態で「エラー」なのですが、物理的にハードディスクが壊れていることもあり、「 Operating System not found 」と表示された場合はどちらにしても復旧や交換といった作業が必要なので「ハードディスクのエラーが出た」というよりも「ハードディスクが壊れた」という感覚が近いです。

手っ取り早くパソコンを起動させる方法としては先ほど説明したとおりハードディスクの交換という方法がありますが、それではもともとハードディスクに入っていた大切なデータが全てなくなってしまいます。

今はパソコンも身近なものなり、「インターネットで調べれば解決法がみつかる。」「さわってみればなんとかなるかも」と自力で触って重大な故障につながってしまう場合もあります。

ハードディスクのデータを復旧させるにはやはりプロの力が必要です。ギガデータでは完全成功報酬制となっておりますので、復旧の可否、復旧可能データの提示などの初期診断は無料でおこなっております。
もし。データの取り出しに自信のないのであば、ギガデータまでお気軽にご相談ください。

当社では無料で復旧可能データの診断を行っております。診断を行い、希望データの復旧の可能性が分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

Stop 0x0000007B からのデータ復旧

「Stop 0x0000007B からのデータ復旧」

画面がブルーバックになり、Stop 0x0000007B とエラーメッセージが表示されます。
原因のほとんどは「HDDの故障かファイルシステムの異常」に集約されます。
詳しくはコチラ

こういった場合、データの救出を最優先に考えなくてはいけません。
(パソコン修理に出しても、データが保護されるかどうかは保障してくれないケースがほとんどです。)

まず、自分でデータを保護するのか、業者に頼むのかです。
ただ、自分で復旧した場合、失敗すると取り返しのつかない事になるケースもあるのでよほどPCの知識のある方でなければおススメはしません。
(※電源のON/OFFを何度も繰り返す事はお止めください、繰り返せば繰り返すほどデータの損失が大きくなってしまいます)

もし。データの取り出しに自信のないのであば、ギガデータまでお気軽にご相談ください。

当社では無料で復旧可能データの診断を行っております。診断を行い、希望データの復旧の可能性が分かり次第ご連絡差し上げています。(もちろん、診断後に復旧をキャンセルした場合でも費用は発生しません)
初回無料診断はコチラ

データの取り出し費用も格安でご提示させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
ハードディスクのデータ復旧やデータ復元なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

パソコン(PC)の故障~データを救出するには?~

パソコン(PC)の故障~データを救出するには?~
パソコン(PC)の故障の主な症状としては

・画面が真っ暗になる
・画面が青くなる
・WINDOWSの「ようこそ」という画面から進まない
・メーカーのロゴが出たままになる
・警告音がする 
etc

画面にエラーメッセージが表示される場合、大抵故障箇所は特定できます。
ただ、中のデータに関しては損傷していることもあり故障箇所を下手に修理しようとすると
データの取り出しが困難になるケースがあります。

警告音がなる場合も同様に、警告音のなり方で故障箇所は特定できるのですが、→参照
中のデータに関しては損傷していることも多く、やはり下手に直そうとするとデータの救出率は下がってしまいます。(※電源のON/OFFを繰り返すのだけは絶対にやめてください。データーの救出が困難になる一番の原因です)

こういった時、最初に考えないといけないのは「中のデータの救出を優先するのか」それとも「パソコンの修理を優先するのか」という事です。

もし、中のデータの救出を優先するのであれば異常を感じた時点で、すぐに電源を落としてください。
そして、中のデータが救出できるか否かをデータ復旧業者に確認してください。

ちなみにギガデータでは、救出可能データの診断を初回無料で行っており、またデータの復旧率が他社よりも
高いため、データの取り出し費用も格安でご提供させていただいております。
データ取り出し費用はこちら

※論理障害はもちろんのこと、重度の物理障害に関しても、世界展開をしているパートナー企業のクリーンルームをお借りして復旧作業を行っており高い復旧率を実現しています
※メーカーよりデータ復旧の見込みがないと診断されたパソコン(PC)HDD(ハードディスク)のデータの救出も行っております、詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。
パソコン(PC)故障時のデータ救出なら大阪のギガデータ

無料診断お問い合わせ

ホーム > パソコン(PC)の故障

検索
フィード
メタ情報

Return to page top