データ復旧なら大阪のギガデータヘ

ハードディスク復旧費用10,500~42,000円!LinkStation,LANDISK復旧費用一律52,500円!
お持込の方 復旧の流れ ご発送の方 復旧の流れ 申し込み

Home > IOデータのNAS | LANDISK | ネットワークストレージ > 認識しないhdl-sシリーズのLANDISKからデータを復旧

認識しないhdl-sシリーズのLANDISKからデータを復旧

近年、HDDの低価格化等により、ネットワーク対応HDD(NAS)が普及し始めています。
IO-DATA製のNASはLANDISKという名称ですが、様々なシリーズがあり、
家庭や小規模のオフィスで使用される場合はhdl-sシリーズのようなシンプルな構成のNASが使用されていると思われます。

複数台のPCで1台のHDDを共用できるという、言葉にすると簡単ですが、
実際は複雑なシステムで動作しているため、
電源のON/OFF(停電等も含む)だけでアクセスできない/認識されないような障害が発生することがあります。

大抵はメーカーのサポート等で元通りに直ることが多いですが、
メーカー修理の場合HDD内に保存されているデータは全て消えることが多いです。

データが大切なのか、それともLANDISKの機能が大切なのかはお客様次第ですが、
保存されているデータの方が大切な方はメーカー修理前に弊社にデータ復旧をご依頼ください。

hdl-sシリーズのLANDISKであれば、HDD内の部品が壊れているような重度物理障害ではない限り
52,500円の固定復旧費用でのデータ復旧を行っています。
データを取り出せるか調査する診断は無料で行っており、診断後のキャンセルも無料です。

暗号化等の特殊な条件を除けば、弊社は完全に固定金額でデータ復旧を行っているため、
費用面は安心してご依頼頂けると思います。

hdl-sシリーズは普及台数も多いためか、様々な障害が発生した状態で
弊社にデータ復旧依頼が来ます。
HDDの状態によっては完全にデータ復旧が不可能なものもございますが、
NASは基本的に1か所に置いて使用するものであるため、倒したや落としたような物理的な障害原因は少なく、
通常の外付けHDDに比べるとデータ復旧成功率は高めとなっています。

お困りの方は是非とも弊社にデータ復旧をご依頼ください。

Home > IOデータのNAS | LANDISK | ネットワークストレージ > 認識しないhdl-sシリーズのLANDISKからデータを復旧

検索
フィード
メタ情報

Return to page top